Tomcat

  (最終更新日:2018.05.31)

Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネージャを設定する

Linux版のTomcat 9で、Webアプリケーションマネージャ(manager-gui)を設定してブラウザから管理できるようにしてみます。

今回はOSとして CentOS 7 を利用。
Tomcatのバージョンは 9.0.8 です。

Tomcat 9ではデフォルトで、Webアプリケーションマネージャ(manager-gui)のアクセスにローカルからのみ許可の制限が入っているので、接続したいIPを追加しておく必要があります。今回は 172.16.0.0/24 からのアクセスを追加します。

$ cd /usr/local/tomcat9/webapps/manager/META-INF/
$ cp -p context.xml context.xml.org
$ vim context.xml

allow の設定にIPを追加。

allow="127\.\d+\.\d+\.\d+|::1|0:0:0:0:0:0:0:1" />
↓接続元IPを追加
allow="127\.\d+\.\d+\.\d+|::1|0:0:0:0:0:0:0:1|172\.16\.\d+\.\d+" />

続いて tomcat-users.xml ファイルに接続用のアカウントを登録します。

$ cd /usr/local/tomcat9/conf/
$ cp -p tomcat-users.xml tomcat-users.xml.org
$ vim tomcat-users.xml

下記を追記します。
パスワードは適宜変更してください。

  <role rolename="manager-gui"/>
  <user username="admin" password="hogepassword" roles="manager-gui"/>

これで完了です。
最後にTomcatを再起動。

$ systemctl restart tomcat

Webアプリケーションマネージャ(manager-gui)に接続してログインできるか確認してみてください。

 http://[対象のIPアドレス]:8080/manager/html

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Tomcat

    Tomcat6でアクセスログを出力する方法

    Tomcat にはさまざまなログファイルが存在していますが、デフォルト…

  2. Tomcat

    CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自動起動を設定する方法

    CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトを作成し、また自動起…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 9月 12日

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP