SVN

  (最終更新日:2018.02.7)

【SVN+WebDAV】IPでのアクセス制限をする方法(CentOS7)

CentOS 7 のサーバに構築した SVN (Subversion) + WebDAV 環境でIPによるアクセス制限も追加する設定方法のメモです。IP制限以外にもベーシック認証をする場合の書き方となります。

/etc/httpd/conf.d/subversion.conf ファイルに下記内容で記載。

<Location /svn/repos>
        DAV svn
        SVNParentPath "/var/svn/repos/"
        SVNListParentPath on
        AuthType Basic
        AuthName "Subversion repository"
        AuthzSVNAccessFile /etc/subversion/conf/authzsvn.conf
        AuthUserFile /etc/subversion/conf/authuser.conf
        <RequireAll>
                Require valid-user
                Require ip [アクセスを許可したいIP]
        </RequireAll>
</Location>

といった感じで記載します。
Apache 2.4系以降は Require ip でIP制限を記述するのでそこが要注意。

また RequireAll で括った範囲に記述しないと両方の条件が上手く効いてくれませんでした。

  • コメント: 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Apache】OpenSSL headers not fo…
  2. 【CentOS 7】yum updateがくっそ遅いときに試…
  3. Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネー…
  4. CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自…
  5. Warning: tomcat.service change…
PAGE TOP