RedHat

  (最終更新日:2018.01.16)

RHELでphp mbstringをyumインストールする方法

RHEL(Red Hat Enterprise Linux)で yumから php mbstring をインストールするには、デフォルトのリポジトリとは別に《rhel-6-server-optional-rpms》というリポジトリを有効化して利用する必要があります。それをしないと yum list にすら出てきません。

今回は RHEL 6 を参考に記載します。

まずは rhel-6-server-optional-rpms リポジトリの状態を確認。

# yum repolist all |grep rhel-6-server-optional-rpms
rhel-6-server-optional-rpms                           Red Hat Enter 無効

はい。無効です。

というわけで有効化させます。

# cp -p /etc/yum.repos.d/redhat.repo /etc/yum.repos.d/redhat.repo.org
# vim /etc/yum.repos.d/redhat.repo

[rhel-6-server-optional-rpms] の箇所を修正します。

enabled = 0
↓ 変更
enabled = 1

有効化されたかを確認。

# yum repolist all |grep rhel-6-server-optional-rpms
rhel-6-server-optional-rpms                           Red Hat Enter 有効: 11,419

有効化されたので yum でインストールできるようになったはずです。

# yum install php-mbstring

最後に Apache を再起動するのをお忘れなく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. RedHat

    Red Hat Subscription Managerでプロキシを使う方法

    RHEL の yum で利用するサブスクリプションマネージャー(RHS…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【CentOS 7】yum updateがくっそ遅いときに試…
  2. Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネー…
  3. CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自…
  4. Warning: tomcat.service change…
  5. Mattermost:スラッシュコマンド利用時にaddres…
PAGE TOP