RedHat

  (最終更新日:2018.01.16)

Red Hat Subscription Managerでプロキシを使う方法

RHEL の yum で利用するサブスクリプションマネージャー(RHSM)でプロキシを利用して接続する方法のメモです。従来の up2date ファイルでの修正とは方法が変わってます。

rhsm.conf を修正

RHSM でプロキシを利用するには /etc/rhsm/rhsm.conf ファイルを修正します。

# cp -p /etc/rhsm/rhsm.conf /etc/rhsm/rhsm.conf.org
# vim /etc/rhsm/rhsm.conf

下記内容で修正します。

proxy_hostname =
↓
proxy_hostname = プロキシサーバのIP

proxy_port =
↓
proxy_port = プロキシのポート

これで完了。
RedHat でもプロキシを利用して yum が利用できるようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. RedHat

    RHELでphp mbstringをyumインストールする方法

    RHEL(Red Hat Enterprise Linux)で yum…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP