Oracle

  (最終更新日:2017.05.12)

【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュー(V$BUFFER_POOL_STATISTICS 等)にアクセスしてデータを取得するには権限の追加が必要になります。 この場合、DBA権限を付与してもダメ。

そこで追加する権限をいろいろ調べてみたところ、どうやら OEM_MONITOR でいいようです。なんだかそれはそれですごく微妙‥。

というわけで権限を付与するには下記SQLを実行してください。

GRANT "OEM_MONITOR" TO "ユーザー名(大文字)";

これでアクセス権限が無いと怒られていたシステムビューからもデータが取得できるようになるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

    リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSD…

  2. Oracle

    【Oracle】表領域を新規で作成してユーザーも作成する手順

    Oracle Databaseで、新規で表領域を作成しその表領域をデフ…

  3. Oracle

    【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックア…

  4. Oracle

    長時間動いているセッション(SQL)の情報を取得するSQL

    Oracleで長時間稼働している処理(SQL)の情報を取得するSQLが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【CentOS 7+Firewalld】FTPサーバへパッシ…
  2. 【SVN+WebDAV】IPでのアクセス制限をする方法(Ce…
  3. 【Let’s Encrypt】2018年1月から…
  4. 【CentOS 7】firewalldでとりあえず特定のIP…
  5. RHELでphp mbstringをyumインストールする方…
PAGE TOP