Oracle

  (最終更新日:2017.05.12)

【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュー(V$BUFFER_POOL_STATISTICS 等)にアクセスしてデータを取得するには権限の追加が必要になります。 この場合、DBA権限を付与してもダメ。

そこで追加する権限をいろいろ調べてみたところ、どうやら OEM_MONITOR でいいようです。なんだかそれはそれですごく微妙‥。

というわけで権限を付与するには下記SQLを実行してください。

GRANT "OEM_MONITOR" TO "ユーザー名(大文字)";

これでアクセス権限が無いと怒られていたシステムビューからもデータが取得できるようになるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Oracleで全てのテーブルやインデックスのCreate文を作成する方法

    Oracle で指定したユーザーが所有している全てのテーブルやインデッ…

  2. Oracle

    (解決策)テーブルを作成しようとしたらORA-01950エラーで権限が無いと怒られたとき

    dba権限が無いユーザーでOracleデータベースにテーブルを作成しよ…

  3. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

  4. Oracle

    SSLを無効化して非SSL(http)でOEMにアクセスする方法

    最近のIE(例えばIE10も)でOracleのOEMにアクセスすると、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【CentOS 7】yum updateがくっそ遅いときに試…
  2. Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネー…
  3. CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自…
  4. Warning: tomcat.service change…
  5. Mattermost:スラッシュコマンド利用時にaddres…
PAGE TOP