Oracle

  (最終更新日:2017.05.12)

【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュー(V$BUFFER_POOL_STATISTICS 等)にアクセスしてデータを取得するには権限の追加が必要になります。 この場合、DBA権限を付与してもダメ。

そこで追加する権限をいろいろ調べてみたところ、どうやら OEM_MONITOR でいいようです。なんだかそれはそれですごく微妙‥。

というわけで権限を付与するには下記SQLを実行してください。

GRANT "OEM_MONITOR" TO "ユーザー名(大文字)";

これでアクセス権限が無いと怒られていたシステムビューからもデータが取得できるようになるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

    Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 at…

  2. Oracle

    Oracleでカラムのデータをほぼ同じ文字数の文字で置換する方法

    つまりどういうことだってばよ!!!って言われそうですが。 噛み砕いてい…

  3. MaxGauge

    MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

    MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPC…

  4. Oracle

    【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP