Oracle

  (最終更新日:2017.05.12)

【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュー(V$BUFFER_POOL_STATISTICS 等)にアクセスしてデータを取得するには権限の追加が必要になります。 この場合、DBA権限を付与してもダメ。

そこで追加する権限をいろいろ調べてみたところ、どうやら OEM_MONITOR でいいようです。なんだかそれはそれですごく微妙‥。

というわけで権限を付与するには下記SQLを実行してください。

GRANT "OEM_MONITOR" TO "ユーザー名(大文字)";

これでアクセス権限が無いと怒られていたシステムビューからもデータが取得できるようになるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  2. Oracle

    長時間動いているセッション(SQL)の情報を取得するSQL

    Oracleで長時間稼働している処理(SQL)の情報を取得するSQLが…

  3. Oracle

    DBD-Oracleのインストール時にdemo_rdbms.mkが無い場合。Clientは必要なのか…

    PerlモジュールのDBD-Oracleをソースからインストールする際…

  4. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. HP 1950スイッチ:WEB管理画面からデフォルトゲートウ…
  2. HP 1950スイッチ:コマンドでIPの設定をする方法
  3. NFSマウントでの『間違ったファイルシステムタイプ』エラーの…
  4. 【CentOS 7】iptablesの使い方と設定内容を確認…
  5. 【HULFTメモ】一般ユーザーでのコマンド実行時にhulft…
PAGE TOP