Oracle

  (最終更新日:2014.08.27)

Data Pumpの注意点。下位バージョンへデータを移行する際はVERSIONパラメータによるバージョンの指定が必要

Data Pumpを利用してOracle 11g R2からexpdpで取得したバックアップを、10g R2にimpdpで移行しようとしたところエラーとなってしまいました。(そもそも11gから10gが無理あるような‥)

$ impdp mentaiko/mentaiko directory=EXPDP_DIR dumpfile=mentaiko.expdp.dump logfile=EXPDP_DIR:mentaiko.log job_name=job_impdp1
ORA-39001: 引数値が無効です
ORA-39000: ダンプ・ファイル指定が無効です
ORA-39142: 互換性のないバージョン番号3.1が、ダンプ・ファイル"/opt/oracle/oradata/expdp/mentaiko.expdp.dump"内にあります

ORA-39142による互換性エラーの場合、expdpの段階でVERSIONオプションを指定してどの下位バージョンのOracleにデータをインポートしたいかを事前に明記しておく必要があります。

Oracle Database ユーティリティ10g リリース2(10.2)
エクスポートするデータベース・オブジェクトのバージョンを指定します。このパラメータは、以前のリリースのOracleデータベースと互換性のあるダンプ・ファイル・セットの作成に使用できます。なお、これは、10.1より前のバージョンのOracle DatabaseでData Pump Exportが使用可能ということではありません。Data Pump Exportは、Oracle Database 10g リリース1(10.1)以降でのみ動作します。VERSIONパラメータを使用して可能になるのは、エクスポートするオブジェクトのバージョンの識別のみです。

で、実際のexpdpコマンドは下記のようになります。

$ expdp mentaiko/mentaiko directory=DUMPDIR dumpfile=mentaiko.expdp.dump logfile=DUMPDIR:20130702_mentaiko.log job_name=job_expdp1 VERSION=10.2.0

これで問題なくimpdpにてインポートができるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】Data Pumpでシーケンスのみを移行する方法

    Data Pumpでは inculde を利用することでシーケンスのみ…

  2. Oracle

    Database linkのimpdpでORA-39113エラーが発生した原因

    Oracle Database SE 10.2.0.1 から Orac…

  3. Oracle

    アーカイブログを削除する方法

    アーカイブログ・モードの時にガンガン作成されるアーカイブログ・…

  4. Oracle

    expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗する時の対処方法

    expdp実行時に、下記のエラーで処理が失敗してしまう時の対処方法のメ…

  5. Oracle

    (解決策)テーブルを作成しようとしたらORA-01950エラーで権限が無いと怒られたとき

    dba権限が無いユーザーでOracleデータベースにテーブルを作成しよ…

  6. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 7月 17日

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP