Oracle

  (最終更新日:2017.04.17)

Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプションを利用して特定のテーブルをインポート対象から除外することができます。

この時、指定の仕方(記述)を間違うと下記のエラーが出るのでエラーが出た場合は要注意です。 私の場合は【exclude=TABLE:”TABLE1″】と記述したのですがNGでした。

ORA-39001: 引数値が無効です
ORA-39071: EXCLUDEの値の形式が正しくありません。
ORA-00920: 関係演算子が無効です。

正しい書き方例

書き方はいろいろありますが、とりあえずexcludeでテーブルを指定したいという時は下記のように記述すればOKです。

EXCLUDE=TABLE:\”IN \(\’TABLE1\’\)\”

大切なのはダブルクォーテーションやカッコ、またシングルクォーテーションをエスケープさせておくことです。これが無ければエラーとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗する時の対処方法

    expdp実行時に、下記のエラーで処理が失敗してしまう時の対処方法のメ…

  2. Oracle

    SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

    OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する…

  3. Oracle

    長時間動いているセッション(SQL)の情報を取得するSQL

    Oracleで長時間稼働している処理(SQL)の情報を取得するSQLが…

  4. Oracle

    [Statspackレポート] Statspackのエクスポートとインポートの手順

    何かと便利なStatspackレポートを生成するためのStatspac…

  5. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Can’t locate HTTP/Reques…
  2. 【PHP】cURLでベーシック認証のページへPOSTして結果…
  3. phpIPAMでRest APIを利用してデータを参照する手…
  4. pnp4nagios(0.6.26)のグラフでY軸を最大値で…
  5. 【NetApp】筐体廃棄前にディスクの完全消去をする手順
PAGE TOP