Oracle

  (最終更新日:2017.04.17)

Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプションを利用して特定のテーブルをインポート対象から除外することができます。

この時、指定の仕方(記述)を間違うと下記のエラーが出るのでエラーが出た場合は要注意です。 私の場合は【exclude=TABLE:”TABLE1″】と記述したのですがNGでした。

ORA-39001: 引数値が無効です
ORA-39071: EXCLUDEの値の形式が正しくありません。
ORA-00920: 関係演算子が無効です。

正しい書き方例

書き方はいろいろありますが、とりあえずexcludeでテーブルを指定したいという時は下記のように記述すればOKです。

EXCLUDE=TABLE:\”IN \(\’TABLE1\’\)\”

大切なのはダブルクォーテーションやカッコ、またシングルクォーテーションをエスケープさせておくことです。これが無ければエラーとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    OracleでDBの文字コードを確認する方法

    Oracleデータベースで、データベースの文字コードを確認する方法のメ…

  2. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  3. Oracle

    Statspackの取り方:テキスト形式のレポートをコマンドで出力する

    Oracleの障害や状況調査で役に立つStatspackレポートをテキ…

  4. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗…
  2. VMware Server 1系(Linux)のバージョンを…
  3. 【NetApp】AutoSupportMailの宛先を変更す…
  4. Mattermostを開くと502エラーが表示される時
  5. 【CentOS 7+Firewalld】FTPサーバへパッシ…
PAGE TOP