Oracle

  (最終更新日:2014.08.27)

Statspackの取り方:テキスト形式のレポートをコマンドで出力する

Oracleの障害や状況調査で役に立つStatspackレポートをテキスト形式で出力するための方法をメモ的に。SEライセンスでも利用できるのでStatspackは便利です。

まずはSQLPLUSにperfstatユーザーで接続します。

# su - oracle
$ sqlplus perfstat/[perfstatユーザーのパスワード]

続いてspreport.sqlを実行してStatspackをコマンドモードで出力します。

SQL> @?/rdbms/admin/spreport.sql

スナップショットのリストがズラズラっと表示されますので、解析したい期間の始めのスナップショットIDと終わりのスナップショットIDを入力します。

Specify the Begin and End Snapshot Ids
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
begin_snapに値を入力してください: 19198
Begin Snapshot Id specified: 19198

end_snapに値を入力してください: 19199
End   Snapshot Id specified: 19199

ファイル名の入力を求められますがデフォルトのままで別にいいのでそのままEnter。

Specify the Report Name
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
The default report file name is sp_19198_19199.  To use this name,
press <return> to continue, otherwise enter an alternative.

report_nameに値を入力してください: 

あとはレポートがズラズラ~っと表示されて完了です。
出力されたレポートはカレントディレクトリに保存されてますので確認してみてください。

$ ls
sp_19198_19199.lst


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  2. Oracle

    Database linkのimpdpでORA-39113エラーが発生した原因

    Oracle Database SE 10.2.0.1 から Orac…

  3. Oracle

    【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

    リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSD…

  4. MaxGauge

    MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

    MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPC…

  5. Oracle

    expdpで一貫性(整合性)を維持してバックアップする方法

    Oracleのexpdpコマンドでデータの整合性を維持した一貫性バック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP