Oracle

  (最終更新日:2016.07.8)

【Oracle】表領域を新規で作成してユーザーも作成する手順

Oracle Databaseで、新規で表領域を作成しその表領域をデフォルト表領域として指定したユーザーを作成する手順のメモです。よくある手順なので忘れないように。。。

表領域の作成

ビッグファイル表領域で作成します。細かな仕様としては下記のような感じですが、ファイルパスや表領域名は適宜修正して利用してください。

  • ビッグファイル表領域
  • 初期ファイルサイズは10GB
  • 自動拡張ON
  • 拡張増分は5GB単位
  • 最大拡張サイズは50GB
  • CREATE BIGFILE TABLESPACE "TEST" DATAFILE '/opt/oracle/oradata/orcl/test.dbf' SIZE 10G AUTOEXTEND ON NEXT 5G MAXSIZE 50G LOGGING EXTENT MANAGEMENT LOCAL SEGMENT SPACE MANAGEMENT AUTO;
    

    ユーザーの作成

    先ほど作成した表領域をデフォルト表領域として指定します。sys権限は付与していません。

    SQL> create user [ユーザー名] identified by [パスワード] default tablespace TEST temporary tablespace temp;
    SQL> grant connect,resource to [ユーザー名];
    SQL> grant alter session to [ユーザー名];
    

    おまけ:ユーザーの削除

    先ほど作成したユーザーの削除用SQLです。cascadeを指定するので所有するデータも全て削除されます。

    SQL> drop user [ユーザー名] cascade;
    
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    関連記事

    1. Oracle

      【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

      Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

    2. Oracle

      impdpでインデックスのみを作成する方法

      impdpを利用してインデックスのみを作成したかったのでメモ的に。…

    3. Oracle

      長時間動いているセッション(SQL)の情報を取得するSQL

      Oracleで長時間稼働している処理(SQL)の情報を取得するSQLが…

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    最近の記事

    1. yumbackend.pyが終わらない? yumがロックされ…
    2. exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの…
    3. 【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状…
    4. 【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法
    5. 【NetApp】dateコマンドでシステムの時刻を確認する
    PAGE TOP