Oracle

  (最終更新日:2016.07.8)

OracleでDBの文字コードを確認する方法

Oracleデータベースで、データベースの文字コードを確認する方法のメモです。

NLS_CHARACTERSETで確認する

パラメータの NLS_CHARACTERSET という値で確認できるので、下記SQLを利用します。

SELECT
	PARAMETER,
	VALUE
FROM
	NLS_DATABASE_PARAMETERS
WHERE
	PARAMETER IN ('NLS_CHARACTERSET', 'NLS_NCHAR_CHARACTERSET');

実行例

SQL> SELECT
        PARAMETER,
        VALUE
FROM
        NLS_DATABASE_PARAMETERS
WHERE
        PARAMETER IN ('NLS_CHARACTERSET', 'NLS_NCHAR_CHARACTERSET');  2    3    4    5    6    7  

PARAMETER
--------------------------------------------------------------------------------
VALUE
--------------------------------------------------------------------------------
NLS_CHARACTERSET
JA16EUC

NLS_NCHAR_CHARACTERSET
AL16UTF16

この結果で行くと、データベースのキャラクタセットは JA16EUC で、各国語キャラクタセットは AL16UTF16 というのが分かりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Statspackレポートを定期的(1日1回)に自動で作成する方法

    OracleのStatspackレポートを、自動で1日1回、1時間間隔…

  2. MaxGauge

    MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

    MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPC…

  3. Oracle

    Oracleのプロファイルを参照作成(コピー)するなら類似作成が便利

    Oracleでパスワードの有効期限などを独自に設定したプロファイルを作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. RHELでphp mbstringをyumインストールする方…
  2. Red Hat Subscription Managerでプ…
  3. Oracleで統計情報を別のユーザー(スキーマ)に移行する方…
  4. 【CentOS 7】HISTIGNOREで指定してもhist…
  5. ColdFusion 2016をCentOS 7にインストー…
PAGE TOP