Oracle

  (最終更新日:2017.10.17)

DataPump(expdp,impdp)処理をCtrl+C押しでキャンセルさせてしまった時の対処方法

OracleでexpdpやimpdpといったData Pumpを実行中に、expコマンドのようにCtrl+Cで処理をキャンセルしてはいけません。 そこがややこしいところ。
もしCtrl+Cでキャンセルしても、処理はバックグラウンドで動き続けます

というわけで、Data Pumpを実行中に誤ってCtrl+Cでキャンセルしてしまった時の対処方法をご紹介です。



JOB名から停止する

処理のJOB名を確認します。

$ sqlplus sys as sysdba
select * from DBA_DATAPUMP_JOBS;
----
job_expdp1
----

動作中のJOB名が job_expdp1 ということが分かりました。
あとはこのJOBを指定してコマンドモードに接続して kill_job を発行すれば完了です。

$ expdp hoge/hogepass attach = job_expdp1
Export> kill_job
このジョブを停止しますか([yes]/no)yes

これでバックグラウンドで動作していたData Pump処理が強制終了されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Statspackレポートを定期的(1日1回)に自動で作成する方法

    OracleのStatspackレポートを、自動で1日1回、1時間間隔…

  2. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

  3. Oracle

    最新のOpatchをダウンロードする方法

    Oracleから最新のOpatchをダウンロードする方法が非常に分かり…

  4. Oracle

    (解決策)テーブルを作成しようとしたらORA-01950エラーで権限が無いと怒られたとき

    dba権限が無いユーザーでOracleデータベースにテーブルを作成しよ…

  5. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Mattermost:スラッシュコマンド利用時にaddres…
  2. Mattermost:pluginsディレクトリのエラーがロ…
  3. 【Oracle】セッションがKILLEDのまま残り続けてしま…
  4. expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗…
  5. VMware Server 1系(Linux)のバージョンを…
PAGE TOP