Oracle

  (最終更新日:2017.10.17)

DataPump(expdp,impdp)処理をCtrl+C押しでキャンセルさせてしまった時の対処方法

OracleでexpdpやimpdpといったData Pumpを実行中に、expコマンドのようにCtrl+Cで処理をキャンセルしてはいけません。 そこがややこしいところ。
もしCtrl+Cでキャンセルしても、処理はバックグラウンドで動き続けます

というわけで、Data Pumpを実行中に誤ってCtrl+Cでキャンセルしてしまった時の対処方法をご紹介です。



JOB名から停止する

処理のJOB名を確認します。

$ sqlplus sys as sysdba
select * from DBA_DATAPUMP_JOBS;
----
job_expdp1
----

動作中のJOB名が job_expdp1 ということが分かりました。
あとはこのJOBを指定してコマンドモードに接続して kill_job を発行すれば完了です。

$ expdp hoge/hogepass attach = job_expdp1
Export> kill_job
このジョブを停止しますか([yes]/no)yes

これでバックグラウンドで動作していたData Pump処理が強制終了されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

  2. Oracle

    SSLを無効化して非SSL(http)でOEMにアクセスする方法

    最近のIE(例えばIE10も)でOracleのOEMにアクセスすると、…

  3. Oracle

    Database linkのimpdpでORA-39113エラーが発生した原因

    Oracle Database SE 10.2.0.1 から Orac…

  4. Oracle

    【Oracle】Data Pumpでシーケンスのみを移行する方法

    Data Pumpでは inculde を利用することでシーケンスのみ…

  5. Oracle

    Oracleでカラムのデータをほぼ同じ文字数の文字で置換する方法

    つまりどういうことだってばよ!!!って言われそうですが。 噛み砕いてい…

コメント

    • 匿名
    • 2018年 10月 18日

    数年に1回見に来ますね。。

      • おかしら
      • 2018年 10月 18日

      数年に1回・・・ あるある ですね。。。。

    • 匿名
    • 2019年 5月 30日

    我も数年に1回身に来ます。
    反射的に”Ctrl+C”を押してしまう。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP