Oracle

  (最終更新日:2014.08.26)

DataPump(expdp,impdp)処理をCtrl+C押しでキャンセルさせてしまった時の対処方法

OracleでexpdpやimpdpといったData Pumpを実行中に、expコマンドのようにCtrl+Cで処理をキャンセルしてはいけません。 そこがややこしいところ。
もしCtrl+Cでキャンセルしても、処理はバックグラウンドで動き続けます

というわけで、Data Pumpを実行中に誤ってCtrl+Cでキャンセルしてしまった時の対処方法をご紹介です。

JOB名から停止する

処理のJOB名を確認します。

$ sqlplus sys as sysdba
select * from DBA_DATAPUMP_JOBS;
----
job_expdp1
----

動作中のJOB名が job_expdp1 ということが分かりました。
あとはこのJOBを指定してコマンドモードに接続して kill_job を発行すれば完了です。

$ expdp hoge/hogepass attach = job_expdp1
Export> kill_job
このジョブを停止しますか([yes]/no)yes

これでバックグラウンドで動作していたData Pump処理が強制終了されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

    リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSD…

  2. Oracle

    Oracleで全てのテーブルやインデックスのCreate文を作成する方法

    Oracle で指定したユーザーが所有している全てのテーブルやインデッ…

  3. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

  4. Oracle

    長時間動いているセッション(SQL)の情報を取得するSQL

    Oracleで長時間稼働している処理(SQL)の情報を取得するSQLが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【fdisk】パーティションが「範囲外の値です。」と作成でき…
  2. ServerView RAID Manager Linuxの…
  3. 【NetApp】rootユーザーのパスワードをコンソールから…
  4. 【syslog-ng】他サーバなどからのログが受信できない。…
  5. 【Mattermost】ユーザー管理をする方法
PAGE TOP