Oracle

  (最終更新日:2014.08.26)

DataPump(expdp,impdp)処理をCtrl+C押しでキャンセルさせてしまった時の対処方法

OracleでexpdpやimpdpといったData Pumpを実行中に、expコマンドのようにCtrl+Cで処理をキャンセルしてはいけません。 そこがややこしいところ。
もしCtrl+Cでキャンセルしても、処理はバックグラウンドで動き続けます

というわけで、Data Pumpを実行中に誤ってCtrl+Cでキャンセルしてしまった時の対処方法をご紹介です。

JOB名から停止する

処理のJOB名を確認します。

$ sqlplus sys as sysdba
select * from DBA_DATAPUMP_JOBS;
----
job_expdp1
----

動作中のJOB名が job_expdp1 ということが分かりました。
あとはこのJOBを指定してコマンドモードに接続して kill_job を発行すれば完了です。

$ expdp hoge/hogepass attach = job_expdp1
Export> kill_job
このジョブを停止しますか([yes]/no)yes

これでバックグラウンドで動作していたData Pump処理が強制終了されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    アーカイブログを削除する方法

    アーカイブログ・モードの時にガンガン作成されるアーカイブログ・…

  2. Oracle

    Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプション…

  3. Oracle

    【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプト

    Oracleの統計情報を手動で(といってもCronの自動実行で)更新す…

  4. Oracle

    [TNS-00525: 操作するには権限が不十分です] リスナーが起動できないときの対処方法

    CentOS 6のサーバにOracleを入れたり消したりしていたらリス…

  5. Oracle

    【Oracle】Data Pumpでシーケンスのみを移行する方法

    Data Pumpでは inculde を利用することでシーケンスのみ…

  6. Oracle

    [Statspackレポート] Statspackのエクスポートとインポートの手順

    何かと便利なStatspackレポートを生成するためのStatspac…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法
  2. 【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプ…
  3. 【PostgreSQL】文字コードを指定したcreatedb…
  4. 【Mackerel】ホスト毎のメトリック数の確認方法
  5. 【CentOS 7】nkfをyumでインストールする方法
PAGE TOP