Oracle

  (最終更新日:2017.10.17)

DataPump(expdp,impdp)処理をCtrl+C押しでキャンセルさせてしまった時の対処方法

OracleでexpdpやimpdpといったData Pumpを実行中に、expコマンドのようにCtrl+Cで処理をキャンセルしてはいけません。 そこがややこしいところ。
もしCtrl+Cでキャンセルしても、処理はバックグラウンドで動き続けます

というわけで、Data Pumpを実行中に誤ってCtrl+Cでキャンセルしてしまった時の対処方法をご紹介です。



JOB名から停止する

処理のJOB名を確認します。

$ sqlplus sys as sysdba
select * from DBA_DATAPUMP_JOBS;
----
job_expdp1
----

動作中のJOB名が job_expdp1 ということが分かりました。
あとはこのJOBを指定してコマンドモードに接続して kill_job を発行すれば完了です。

$ expdp hoge/hogepass attach = job_expdp1
Export> kill_job
このジョブを停止しますか([yes]/no)yes

これでバックグラウンドで動作していたData Pump処理が強制終了されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

  2. Oracle

    特定のセッションがどのイベントでどれだけ待機したのかを確認するSQL

    Oracle 11gで、特定のセッションがどのイベント(db file…

  3. Oracle

    [TNS-00525: 操作するには権限が不十分です] リスナーが起動できないときの対処方法

    CentOS 6のサーバにOracleを入れたり消したりしていたらリス…

  4. Oracle

    【Oracle】Data Pumpでシーケンスのみを移行する方法

    Data Pumpでは inculde を利用することでシーケンスのみ…

  5. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

  6. Oracle

    expdpで一貫性(整合性)を維持してバックアップする方法

    Oracleのexpdpコマンドでデータの整合性を維持した一貫性バック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. HP 1950スイッチ:WEB管理画面からデフォルトゲートウ…
  2. HP 1950スイッチ:コマンドでIPの設定をする方法
  3. NFSマウントでの『間違ったファイルシステムタイプ』エラーの…
  4. 【CentOS 7】iptablesの使い方と設定内容を確認…
  5. 【HULFTメモ】一般ユーザーでのコマンド実行時にhulft…
PAGE TOP