Oracle

  (最終更新日:2015.08.13)

SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する際に、dba権限を持たないユーザーだと、権限エラーが表示されて実行すらできません。

そんな一般ユーザーにSQLチューニングアドバイザの実行権限を付与する為には、下記の権限が必要となりますのでメモしときたいと思います。

  • GRANT ADVISOR TO <ユーザ名>;
  • GRANT SELECT_CATALOG_ROLE TO <ユーザ名>;
  • GRANT EXECUTE ON DBMS_SQLTUNE TO <ユーザ名>;

これでチューニング・タスクの実行が可能となりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    expdpで一貫性(整合性)を維持してバックアップする方法

    Oracleのexpdpコマンドでデータの整合性を維持した一貫性バック…

  2. Oracle

    特定のセッションがどのイベントでどれだけ待機したのかを確認するSQL

    Oracle 11gで、特定のセッションがどのイベント(db file…

  3. Oracle

    [TNS-00525: 操作するには権限が不十分です] リスナーが起動できないときの対処方法

    CentOS 6のサーバにOracleを入れたり消したりしていたらリス…

  4. MaxGauge

    MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

    MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPC…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法
  2. 【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプ…
  3. 【PostgreSQL】文字コードを指定したcreatedb…
  4. 【Mackerel】ホスト毎のメトリック数の確認方法
  5. 【CentOS 7】nkfをyumでインストールする方法
PAGE TOP