Oracle

  (最終更新日:2015.08.13)

SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する際に、dba権限を持たないユーザーだと、権限エラーが表示されて実行すらできません。

そんな一般ユーザーにSQLチューニングアドバイザの実行権限を付与する為には、下記の権限が必要となりますのでメモしときたいと思います。

  • GRANT ADVISOR TO <ユーザ名>;
  • GRANT SELECT_CATALOG_ROLE TO <ユーザ名>;
  • GRANT EXECUTE ON DBMS_SQLTUNE TO <ユーザ名>;

これでチューニング・タスクの実行が可能となりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    特定のセッションがどのイベントでどれだけ待機したのかを確認するSQL

    Oracle 11gで、特定のセッションがどのイベント(db file…

  2. Oracle

    Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプション…

  3. Oracle

    SSLを無効化して非SSL(http)でOEMにアクセスする方法

    最近のIE(例えばIE10も)でOracleのOEMにアクセスすると、…

  4. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. HP 1950スイッチ:WEB管理画面からデフォルトゲートウ…
  2. HP 1950スイッチ:コマンドでIPの設定をする方法
  3. NFSマウントでの『間違ったファイルシステムタイプ』エラーの…
  4. 【CentOS 7】iptablesの使い方と設定内容を確認…
  5. 【HULFTメモ】一般ユーザーでのコマンド実行時にhulft…
PAGE TOP