Oracle

  (最終更新日:2015.08.13)

SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する際に、dba権限を持たないユーザーだと、権限エラーが表示されて実行すらできません。

そんな一般ユーザーにSQLチューニングアドバイザの実行権限を付与する為には、下記の権限が必要となりますのでメモしときたいと思います。

  • GRANT ADVISOR TO <ユーザ名>;
  • GRANT SELECT_CATALOG_ROLE TO <ユーザ名>;
  • GRANT EXECUTE ON DBMS_SQLTUNE TO <ユーザ名>;

これでチューニング・タスクの実行が可能となりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

    リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSD…

  2. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

  3. Oracle

    【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプト

    Oracleの統計情報を手動で(といってもCronの自動実行で)更新す…

  4. Oracle

    【Oracle】テーブル指定で統計情報をバックアップ、インポートする方法とポイント

    Oracle Databaseで、テーブルを指定して統計情報をバックア…

  5. Oracle

    [Statspackレポート] Statspackのエクスポートとインポートの手順

    何かと便利なStatspackレポートを生成するためのStatspac…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【CentOS 7+Firewalld】FTPサーバへパッシ…
  2. 【SVN+WebDAV】IPでのアクセス制限をする方法(Ce…
  3. 【Let’s Encrypt】2018年1月から…
  4. 【CentOS 7】firewalldでとりあえず特定のIP…
  5. RHELでphp mbstringをyumインストールする方…
PAGE TOP