Oracle

  (最終更新日:2015.08.13)

SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する際に、dba権限を持たないユーザーだと、権限エラーが表示されて実行すらできません。

そんな一般ユーザーにSQLチューニングアドバイザの実行権限を付与する為には、下記の権限が必要となりますのでメモしときたいと思います。

  • GRANT ADVISOR TO <ユーザ名>;
  • GRANT SELECT_CATALOG_ROLE TO <ユーザ名>;
  • GRANT EXECUTE ON DBMS_SQLTUNE TO <ユーザ名>;

これでチューニング・タスクの実行が可能となりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

  2. Oracle

    Database linkのimpdpでORA-39113エラーが発生した原因

    Oracle Database SE 10.2.0.1 から Orac…

  3. Oracle

    Oracleのプロファイルを参照作成(コピー)するなら類似作成が便利

    Oracleでパスワードの有効期限などを独自に設定したプロファイルを作…

  4. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  5. Oracle

    [TNS-00525: 操作するには権限が不十分です] リスナーが起動できないときの対処方法

    CentOS 6のサーバにOracleを入れたり消したりしていたらリス…

  6. Oracle

    Linux版Oracle Database 11gの起動手順と停止手順

    すごく基礎的なことなんですが、Linux版のOracle Da…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. yumbackend.pyが終わらない? yumがロックされ…
  2. exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの…
  3. 【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状…
  4. 【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法
  5. 【NetApp】dateコマンドでシステムの時刻を確認する
PAGE TOP