Linux

  (最終更新日:2015.07.8)

LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカーネルパラメータの調整が必要になることがあります。

そのパラメータが SEMMNSSEMMSL

パラメータ 意味
SEMMNS システム全体のセマフォの最大数
SEMMSL 1個のセマフォセットに入れることのできるセマフォの最大数

パラメータ値の確認方法

パラメータが SEMMNS と SEMMSL の現在の値を確認するには sem ファイルの値で確認できます。

cat /proc/sys/kernel/sem
250     32000   100     128

左から SEMMSL、SEMMNS、SEMOPM、SEMMNI の順で出力されますので、今回の結果はこんな感じです。

SEMMSL SEMMNS SEMOPM SEMMNI
250 32000 100 128

はい完了。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Oracleで全てのテーブルやインデックスのCreate文を作成する方法

    Oracle で指定したユーザーが所有している全てのテーブルやインデッ…

  2. Linux

    CentOS 6.7でデフォルトのカーネルを変更する方法

    CentOS 6.7で、yum updateによるカーネルのバ…

  3. Oracle

    [TNS-00525: 操作するには権限が不十分です] リスナーが起動できないときの対処方法

    CentOS 6のサーバにOracleを入れたり消したりしていたらリス…

  4. Linux

    exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの設定を反映する

    LinuxサーバでNFSの貸し出し設定を変更したいときは /etc/e…

  5. Linux

    TortoiseSVNでログメッセージを編集する方法

    SVNのクライアントソフト「TortoiseSVN」では、過去ログメッ…

  6. Oracle

    Database linkのimpdpでORA-39113エラーが発生した原因

    Oracle Database SE 10.2.0.1 から Orac…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP