Linux

  (最終更新日:2015.07.8)

LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカーネルパラメータの調整が必要になることがあります。

そのパラメータが SEMMNSSEMMSL

パラメータ 意味
SEMMNS システム全体のセマフォの最大数
SEMMSL 1個のセマフォセットに入れることのできるセマフォの最大数

パラメータ値の確認方法

パラメータが SEMMNS と SEMMSL の現在の値を確認するには sem ファイルの値で確認できます。

cat /proc/sys/kernel/sem
250     32000   100     128

左から SEMMSL、SEMMNS、SEMOPM、SEMMNI の順で出力されますので、今回の結果はこんな感じです。

SEMMSL SEMMNS SEMOPM SEMMNI
250 32000 100 128

はい完了。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    gzファイルを解凍しながら別サーバにSSH転送する方法

    gz形式の巨大な圧縮ファイルを解凍して別サーバにSCP転送すると時間が…

  2. Linux

    Cronの標準出力結果メールの送信元を変更する方法

    RedHat 6(CentOS 6)から仕様変更があったのか、一般ユー…

  3. Linux

    yumbackend.pyが終わらない? yumがロックされて実行できないとき

    yum install をしようといざコマンドを叩いたところ、下記のエ…

  4. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

  5. Oracle

    最新のOpatchをダウンロードする方法

    Oracleから最新のOpatchをダウンロードする方法が非常に分かり…

  6. Linux

    【決定版】vimで勝手にコメントアウトされるのを自動で無効化する方法

    vimを利用していて挿入時などに勝手にコメントアウトされてしまう事象を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP