Oracle

  (最終更新日:2015.07.2)

Oracle:dba権限を持たないユーザーにOEMの閲覧権限を付与する

Oracle Database 11.2.0.3 でのお話ですが。

DBA権限を持たない一般ユーザーの場合、OEMにアクセスすると下記のエラーが表示されてアクセスすることができません。

アプリケーションでは、現在付与されている以上のデータベース権限が必要です。
バージョン固有の情報を参照するには「ヘルプ」をクリックします。

この場合、OEMの閲覧権限として OEM_MONITOR ロールを割り当てればアクセスできるようになります。

SQLで設定する

SQLにてOEM_MONITORロールを付与(GRANT)する場合は下記のSQLを実行すればOKです。

GRANT "OEM_MONITOR" TO "[対象のユーザー]";

OEMから設定する

OEMから設定する場合は、まずsysユーザーでOEMにログインする必要があります。

サーバ >> ユーザー >> 編集したいユーザー をクリックしてユーザー情報を表示して「編集」をクリック。

「ロール」タブをクリックして表示。

「リストの編集」をクリック。

使用可能なロールから「OEM_MONITOR」を選択して「移動」をクリックして最後に「OK」をクリック。

ロールの一覧に OEM_MONITOR が追加されているので「適用」をクリックして完了です。

これで一般ユーザーでもOEMを閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    impdpでインデックスのみを作成する方法

    impdpを利用してインデックスのみを作成したかったのでメモ的に。…

  2. Oracle

    【Oracle】表領域を新規で作成してユーザーも作成する手順

    Oracle Databaseで、新規で表領域を作成しその表領域をデフ…

  3. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  4. Oracle

    Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプション…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP