Oracle

  (最終更新日:2015.06.11)

SSLを無効化して非SSL(http)でOEMにアクセスする方法

最近のIE(例えばIE10も)でOracleのOEMにアクセスすると、「この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。」と表示されてページを開くことができません。なめとんのかい。

2015-06-03_15h30_42

そんなときにHTTPでOEMにアクセスするための方法を試します。

まずは OEM を停止させます。

$ emctl stop dbconsole
Oracle Enterprise Manager 11g Database Control Release 11.2.0.4.0
Copyright (c) 1996, 2013 Oracle Corporation.  All rights reserved.
https://hogedemo.lan:1158/em/console/aboutApplication
Stopping Oracle Enterprise Manager 11g Database Control ...
 ...  Stopped.

続いて SSL を無効化します。
無効化には unsecure を使用します。

$ emctl unsecure dbconsole
Oracle Enterprise Manager 11g Database Control Release 11.2.0.4.0
Copyright (c) 1996, 2013 Oracle Corporation.  All rights reserved.
https://hogedemo.lan:1158/em/console/aboutApplication
Configuring DBConsole for HTTP...   Done.
DBCONSOLE already stopped...   Done.
Agent is already stopped...   Done.
Unsecuring dbconsole...   Started.
DBConsole is now unsecured...  Done.
Unsecuring dbconsole...  Sucessful.

「Unsecuring dbconsole… Sucessful.」が表示されているので無事に無効化されました。

最後に OEM を起動します。

$ emctl start dbconsole
Oracle Enterprise Manager 11g Database Control Release 11.2.0.4.0
Copyright (c) 1996, 2013 Oracle Corporation.  All rights reserved.
http://hogedemo.lan:1158/em/console/aboutApplication
Starting Oracle Enterprise Manager 11g Database Control .... started.
------------------------------------------------------------------
Logs are generated in directory /opt/oracle/product/11.2.0/dbhome_1/hogedemo.lan_rtrv/sysman/log

これで完了です。
http でアクセスできるようになっているはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

    OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する…

  2. Oracle

    最新のOpatchをダウンロードする方法

    Oracleから最新のOpatchをダウンロードする方法が非常に分かり…

  3. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. yumbackend.pyが終わらない? yumがロックされ…
  2. exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの…
  3. 【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状…
  4. 【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法
  5. 【NetApp】dateコマンドでシステムの時刻を確認する
PAGE TOP