Oracle

  (最終更新日:2015.01.29)

【解決済み】Oracleのデータベース作成中にORA-12154が表示されて失敗する

2015-01-29_13h29_13

Oracle 11g R2 SEをインストール後、DBCAによるデータベース作成を実施したところ、「ORA-12154」が表示されてデータベースの作成が成功したのか失敗したのか微妙にわからない事態になりました。

「ORA-12154」が表示された後もDB作成を続行したところ、その後もいろいろなエラーが表示されたので恐らく失敗しているものと思われますが…。

原因

リスナーの問題なのかそうじゃないのかなどなどいろいろと原因を調査してみたところ、どうやらSYSのパスワードでガイドラインに適しない文字(記号など)を使用したことが原因というのが判明しました。

それならそうと入力時に指摘して欲しかった・・・・。
パスワードのガイドラインはこのような感じです。

  • パスワードの長さは8~30文字にすること。
  • パスワードの文字列にはデータベースのキャラクタ・セットを使用すること。アンダースコア(_)、ドル記号($)およびシャープ記号(#)を使用できます。
  • パスワードの1文字目には数字を使用しないこと。
  • パスワードにユーザー名を使用しないこと。
  • パスワードにOracleの予約語を使用しないこと。
  • SYSアカウントのパスワードにchange_on_installを使用しないこと。
  • SYSTEMアカウントのパスワードにmanagerを使用しないこと。
  • SYSMANアカウントのパスワードにsysmanを使用しないこと。
  • DBSNMPアカウントのパスワードにdbsnmpを使用しないこと。
  • すべてのアカウントに同じパスワードを使用するように選択した場合は、change_on_install、manager、sysmanまたはdbsnmpをパスワードとして使用しないこと。
  • パスワードには、アルファベット、数字、および句読点をそれぞれ1文字以上使用すること。
  • パスワードには、welcome、account、database、userなど、単純なワードやありふれたワードを使用しないこと。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】表領域を新規で作成してユーザーも作成する手順

    Oracle Databaseで、新規で表領域を作成しその表領域をデフ…

  2. Oracle

    Linux版Oracle Database 11gの起動手順と停止手順

    すごく基礎的なことなんですが、Linux版のOracle Da…

  3. MaxGauge

    MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

    MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPC…

  4. Oracle

    DBD-Oracleのインストール時にdemo_rdbms.mkが無い場合。Clientは必要なのか…

    PerlモジュールのDBD-Oracleをソースからインストールする際…

  5. Oracle

    Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

    OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tab…

  6. Oracle

    expdpで一貫性(整合性)を維持してバックアップする方法

    Oracleのexpdpコマンドでデータの整合性を維持した一貫性バック…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  2. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
  3. Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは…
  4. Can’t locate HTTP/Reques…
  5. 【PHP】cURLでベーシック認証のページへPOSTして結果…
PAGE TOP