Oracle

  (最終更新日:2014.10.8)

【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSDBA権限ユーザーで接続する方法です。
接続方法としては簡易接続ネーミング方式で接続します。

$ sqlplus sys/[sysパスワード]@[ホストのIPアドレス]:1521/orcl as sysdba

SQL*Plus: Release 11.2.0.1.0 Production on 水 10月 8 14:31:36 2014

Copyright (c) 1982, 2009, Oracle.  All rights reserved.



Oracle Database 11g Release 11.2.0.3.0 - 64bit Production
に接続されました。
SQL>

接続文字列などは必要に応じて置きかえてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】表領域を新規で作成してユーザーも作成する手順

    Oracle Databaseで、新規で表領域を作成しその表領域をデフ…

  2. Oracle

    SSLを無効化して非SSL(http)でOEMにアクセスする方法

    最近のIE(例えばIE10も)でOracleのOEMにアクセスすると、…

  3. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  4. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP