Oracle

  (最終更新日:2014.09.26)

アーカイブログを削除する方法

2014-09-26_14h35_01

アーカイブログ・モードの時にガンガン作成されるアーカイブログ・ファイルを削除する方法です。データのインポート時などにノーアーカイブログ・モードへ変更していないと、大量の作成されるアーカイブログ・ファイルで容量を食いつくすことがあるので要注意です。

アーカイブログのリストを確認する

Seqナンバーを元に削除する場合があるので現在のアーカイブログの一覧を確認しておきます。

$ rman target /
MAN> list archivelog all;

リカバリ・カタログのかわりにターゲット・データベース制御ファイルを使用しています
データベースdb_unique_name ORCLのアーカイブ・ログ・コピーのリスト
=====================================================================

Key     Thrd Seq     S Low時間
------- ---- ------- - --------
583     1    587     A 14-09-26
        名前: /3par/oracle/arch/arch1_587_839406423.arc

584     1    588     A 14-09-26
        名前: /3par/oracle/arch/arch1_588_839406423.arc

ログ番号を指定して削除する

「アーカイブログのリストを確認する」で確認したログ番号(Seq)を元に、指定した範囲のログを削除することができます。
例としてログ番号1から200までのログを削除します。

$ rman target /
RMAN> delete archivelog until sequence 200 thread 1;

期間を指定して削除する

「1日より前のログを削除する」といった感じで期間を指定して削除することができます。
例として3日前までを残して削除します。

$ rman target /
RMAN> delete archivelog until time 'sysdate-7';

全削除する

問答無用で全てのアーカイブログを削除することができます。

$ rman target /
RMAN> delete archivelog all ;
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

  2. Oracle

    Statspackレポートを定期的(1日1回)に自動で作成する方法

    OracleのStatspackレポートを、自動で1日1回、1時間間隔…

  3. Oracle

    OracleでDBの文字コードを確認する方法

    Oracleデータベースで、データベースの文字コードを確認する方法のメ…

  4. Oracle

    Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプション…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. yumbackend.pyが終わらない? yumがロックされ…
  2. exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの…
  3. 【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状…
  4. 【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法
  5. 【NetApp】dateコマンドでシステムの時刻を確認する
PAGE TOP