Oracle

  (最終更新日:2019.02.25)

【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 attach オプションを記載することで対話モードによりジョブの状態確認や終了 (kill_job) が可能となります。

この対話式コマンドモードから、ジョブはそのまま継続させた状態でコマンドモードを抜けるには【exit_client】を利用します。

$ impdp hoge/hogepassword attach=job_imp1
Import> exit_client

これで対話式コマンドモードのセッションを終了することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    [Oracle] sysでユーザーを指定してexpdpをする方法

    sysdba権限のsysユーザー(sysdba)でユーザー(スキーマ)…

  2. Oracle

    Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

    OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tab…

  3. Oracle

    【Oracle】テーブル指定で統計情報をバックアップ、インポートする方法とポイント

    Oracle Databaseで、テーブルを指定して統計情報をバックア…

  4. Oracle

    Oracleで統計情報を別のユーザー(スキーマ)に移行する方法

    Oracleでは統計情報のバックアップやインポートが可能ですが、別のユ…

  5. Oracle

    OracleでDBの文字コードを確認する方法

    Oracleデータベースで、データベースの文字コードを確認する方法のメ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP