Oracle

  (最終更新日:2019.02.25)

【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 attach オプションを記載することで対話モードによりジョブの状態確認や終了 (kill_job) が可能となります。

この対話式コマンドモードから、ジョブはそのまま継続させた状態でコマンドモードを抜けるには【exit_client】を利用します。

$ impdp hoge/hogepassword attach=job_imp1
Import> exit_client

これで対話式コマンドモードのセッションを終了することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    expdpで一貫性(整合性)を維持してバックアップする方法

    Oracleのexpdpコマンドでデータの整合性を維持した一貫性バック…

  2. Oracle

    アーカイブログを削除する方法

    アーカイブログ・モードの時にガンガン作成されるアーカイブログ・…

  3. Oracle

    【Oracle】セッションがKILLEDのまま残り続けてしまう時の対処方法

    Oracleで特定のセッションを強制終了しようと ALTER SYST…

  4. Oracle

    expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗する時の対処方法

    expdp実行時に、下記のエラーで処理が失敗してしまう時の対処方法のメ…

  5. Oracle

    【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックア…

  6. Oracle

    Oracleでカラムのデータをほぼ同じ文字数の文字で置換する方法

    つまりどういうことだってばよ!!!って言われそうですが。 噛み砕いてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP