Oracle

  (最終更新日:2019.02.25)

【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 attach オプションを記載することで対話モードによりジョブの状態確認や終了 (kill_job) が可能となります。

この対話式コマンドモードから、ジョブはそのまま継続させた状態でコマンドモードを抜けるには【exit_client】を利用します。

$ impdp hoge/hogepassword attach=job_imp1
Import> exit_client

これで対話式コマンドモードのセッションを終了することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Linux版Oracle Database 11gの起動手順と停止手順

    すごく基礎的なことなんですが、Linux版のOracle Da…

  2. Oracle

    SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

    OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する…

  3. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

  4. Oracle

    アーカイブログを削除する方法

    アーカイブログ・モードの時にガンガン作成されるアーカイブログ・…

  5. Oracle

    Oracleでカラムのデータをほぼ同じ文字数の文字で置換する方法

    つまりどういうことだってばよ!!!って言われそうですが。 噛み砕いてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP