Oracle

  (最終更新日:2018.11.27)

Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tables オプションを利用してテーブル指定によるインポート処理を行った場合は、ファンクションやストアド・プロシージャ、シーケンスといったオブジェクトはインポートされません。

まぁ当然といえば当然なのですが。いまいちイメージが付きにくく初めは気が付きませんでした。

impdpでファンクションのみをインポートする方法

というわけでtablesオプション指定によるテーブルインポート後に、改めてファンクションのみをインポートするには《INCLUDE》オプションを利用して下記のようにオプションを追加することでファンクションのみのインポートが可能です。

INCLUDE=FUNCTION

impdpでストアド・プロシージャのみをインポートする方法

続いてimpdpでストアド・プロシージャのみをインポートする方法としては、同じく《INCLUDE》オプションを利用して下記のようにオプションを追加することでストアドのみのインポートが可能となります。

INCLUDE=PROCEDURE

忘れないように覚えておきたいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    長時間動いているセッション(SQL)の情報を取得するSQL

    Oracleで長時間稼働している処理(SQL)の情報を取得するSQLが…

  2. Oracle

    【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやイン…

  3. Oracle

    アーカイブログを削除する方法

    アーカイブログ・モードの時にガンガン作成されるアーカイブログ・…

  4. Oracle

    Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプション…

  5. Oracle

    OracleでDBの文字コードを確認する方法

    Oracleデータベースで、データベースの文字コードを確認する方法のメ…

  6. Oracle

    Oracleのプロファイルを参照作成(コピー)するなら類似作成が便利

    Oracleでパスワードの有効期限などを独自に設定したプロファイルを作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP