Oracle

  (最終更新日:2018.11.27)

Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tables オプションを利用してテーブル指定によるインポート処理を行った場合は、ファンクションやストアド・プロシージャ、シーケンスといったオブジェクトはインポートされません。

まぁ当然といえば当然なのですが。いまいちイメージが付きにくく初めは気が付きませんでした。

impdpでファンクションのみをインポートする方法

というわけでtablesオプション指定によるテーブルインポート後に、改めてファンクションのみをインポートするには《INCLUDE》オプションを利用して下記のようにオプションを追加することでファンクションのみのインポートが可能です。

INCLUDE=FUNCTION

impdpでストアド・プロシージャのみをインポートする方法

続いてimpdpでストアド・プロシージャのみをインポートする方法としては、同じく《INCLUDE》オプションを利用して下記のようにオプションを追加することでストアドのみのインポートが可能となります。

INCLUDE=PROCEDURE

忘れないように覚えておきたいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    最新のOpatchをダウンロードする方法

    Oracleから最新のOpatchをダウンロードする方法が非常に分かり…

  2. Oracle

    【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプト

    Oracleの統計情報を手動で(といってもCronの自動実行で)更新す…

  3. Oracle

    Statspackレポートを定期的(1日1回)に自動で作成する方法

    OracleのStatspackレポートを、自動で1日1回、1時間間隔…

  4. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

  5. MaxGauge

    MaxGaugeインストール:ORADEBUGを利用してIPCを確認する方法

    MaxGaugeをインストールする際に、監視対象のインスタンスのIPC…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  2. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
  3. Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは…
  4. Can’t locate HTTP/Reques…
  5. 【PHP】cURLでベーシック認証のページへPOSTして結果…
PAGE TOP