Oracle

  (最終更新日:2018.11.27)

Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tables オプションを利用してテーブル指定によるインポート処理を行った場合は、ファンクションやストアド・プロシージャ、シーケンスといったオブジェクトはインポートされません。

まぁ当然といえば当然なのですが。いまいちイメージが付きにくく初めは気が付きませんでした。

impdpでファンクションのみをインポートする方法

というわけでtablesオプション指定によるテーブルインポート後に、改めてファンクションのみをインポートするには《INCLUDE》オプションを利用して下記のようにオプションを追加することでファンクションのみのインポートが可能です。

INCLUDE=FUNCTION

impdpでストアド・プロシージャのみをインポートする方法

続いてimpdpでストアド・プロシージャのみをインポートする方法としては、同じく《INCLUDE》オプションを利用して下記のようにオプションを追加することでストアドのみのインポートが可能となります。

INCLUDE=PROCEDURE

忘れないように覚えておきたいところですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    [Statspackレポート] Statspackのエクスポートとインポートの手順

    何かと便利なStatspackレポートを生成するためのStatspac…

  2. Oracle

    (解決策)テーブルを作成しようとしたらORA-01950エラーで権限が無いと怒られたとき

    dba権限が無いユーザーでOracleデータベースにテーブルを作成しよ…

  3. Oracle

    expdpで一貫性(整合性)を維持してバックアップする方法

    Oracleのexpdpコマンドでデータの整合性を維持した一貫性バック…

  4. Oracle

    【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

    Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 at…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP