Oracle

  (最終更新日:2014.08.29)

Oracleで全てのテーブルやインデックスのCreate文を作成する方法

Oracle で指定したユーザーが所有している全てのテーブルやインデックスのCreate文(DDL文)を作成するには dbms_metadata.get_ddl パッケージを利用する必要があります。

但し残念な点として、PostgreSQLなどと違って完全なDDL文が生成されるわけではないので、作成後に不要な行を削除したりする必要があります。ご注意を。

テーブルのCreate文を作成する

全テーブルの create table 文を作成します。
まずはoracleユーザーでSQL*Plusに接続してパラメータをセットします。

$ sqlplus sys as sysdba
SQL> set pages 0
SQL> set lines 200
SQL> set long 65535
SQL> set longc 65535
SQL> set trimspool on

続いて必要であればオプションを入力します。
オプションとしては例えば下記のようなものがありますが、無理して指定する必要もありません。

//セミコロンを付加
EXEC DBMS_METADATA.SET_TRANSFORM_PARAM( DBMS_METADATA.SESSION_TRANSFORM,'SQLTERMINATOR',TRUE );

//ストレージ句を無効に
EXEC DBMS_METADATA.SET_TRANSFORM_PARAM( DBMS_METADATA.SESSION_TRANSFORM,'STORAGE',FALSE );

//表領域の指定を無効に
EXEC DBMS_METADATA.SET_TRANSFORM_PARAM( DBMS_METADATA.SESSION_TRANSFORM,'TABLESPACE',FALSE );

spool を指定して出力されるファイルを指定します。

SQL> spool /tmp/create_table.sql

Create文を生成します。

SQL> select dbms_metadata.get_ddl('TABLE',a.table_name,a.owner) from dba_all_tables a where a.owner = '[ユーザー]';

spool を停止します。

SQL> spool off

これでspoolで指定したファイル(例 /tmp/create_table.sql )にCreate table文が作成されているはずです。

インデックスのCreate文を作成する

全インデックスの create index 文を作成します。
まずはoracleユーザーでSQL*Plusに接続してパラメータをセットします。

$ sqlplus sys as sysdba
SQL> set pages 0
SQL> set lines 200
SQL> set long 65535
SQL> set longc 65535
SQL> set trimspool on

続いて必要であればオプションを入力します。
オプションは先ほどの create table で利用したものが使えます。

//セミコロンを付加
EXEC DBMS_METADATA.SET_TRANSFORM_PARAM( DBMS_METADATA.SESSION_TRANSFORM,'SQLTERMINATOR',TRUE );

//ストレージ句を無効に
EXEC DBMS_METADATA.SET_TRANSFORM_PARAM( DBMS_METADATA.SESSION_TRANSFORM,'STORAGE',FALSE );

//表領域の指定を無効に
EXEC DBMS_METADATA.SET_TRANSFORM_PARAM( DBMS_METADATA.SESSION_TRANSFORM,'TABLESPACE',FALSE );

spool を指定して出力されるファイルを指定します。

SQL> spool /tmp/create_index.sql

Create文を生成します。

SQL> select dbms_metadata.get_ddl('INDEX',index_name,owner) from dba_indexes where owner = select dbms_metadata.get_ddl('INDEX',index_name,owner) from dba_indexes where owner = '[ユーザー]';

spool を停止します。

SQL> spool off

これでspoolで指定したファイル(例 /tmp/create_index.sql )にCreate index文が作成されているはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックア…

  2. Oracle

    特定のセッションがどのイベントでどれだけ待機したのかを確認するSQL

    Oracle 11gで、特定のセッションがどのイベント(db file…

  3. Oracle

    【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュ…

  4. Oracle

    Linux版Oracle Database 11gの起動手順と停止手順

    すごく基礎的なことなんですが、Linux版のOracle Da…

  5. Oracle

    【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

    リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSD…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法
  2. 【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプ…
  3. 【PostgreSQL】文字コードを指定したcreatedb…
  4. 【Mackerel】ホスト毎のメトリック数の確認方法
  5. 【CentOS 7】nkfをyumでインストールする方法
PAGE TOP