Oracle

  (最終更新日:2018.05.11)

【Oracle】セッションがKILLEDのまま残り続けてしまう時の対処方法

Oracleで特定のセッションを強制終了しようと ALTER SYSTEM KILL SESSION ‘xx,xxxxx’ IMMEDIATE を実行したのに、STATUS状態が KILLED のまま残り動き続けてしまうことが時々あります。

「よくあること」だそうですが。。。

そんな時は、OSの kill コマンドでセッションを強制終了させる方法が次の一手のようです。

手順

まずは該当のセッションのプロセスID(OS)を確認しますので下記SQLを実行。

SELECT
    p.spid,
    s.sid,
    s.serial#,
    s.username,
    s.status,
    s.program,
    s.machine,
    s.terminal,
    s.logon_time
FROM
    v$session s,
    v$process p

spid の値がプロセスIDとなります。例えば今回は yyyyy とします。

次にOSの kill コマンドでセッションを強制終了します。
通常の kill yyyyy では恐らく停止できないので、 -9 オプションを付けて強制終了とします。

# kill -9 yyyyy

これで残っていたセッションが強制終了されたはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックア…

  2. Oracle

    [Oracle] sysでユーザーを指定してexpdpをする方法

    sysdba権限のsysユーザー(sysdba)でユーザー(スキーマ)…

  3. Oracle

    Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプション…

  4. Oracle

    Oracleのプロファイルを参照作成(コピー)するなら類似作成が便利

    Oracleでパスワードの有効期限などを独自に設定したプロファイルを作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP