Oracle

  (最終更新日:2014.08.27)

OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスID(pid)を調査する場合があります。そんな時は下記のSQLでpidを確認することができます。

select
    ses.sid,
    proc.spid,
    ses.username,
    ses.osuser,
    ses.machine,
    ses.program,
    ses.sql_id
from
    v$session ses
    left join v$process proc on(ses.paddr = proc.addr)
where
    ses.SID='[sid]'

こんな感じです。
トレースの際などに利用できますね。

ちなみにOEMから確認もできるので場合によってはそっちの方が圧倒的に早いです‥。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Oracleで統計情報を別のユーザー(スキーマ)に移行する方法

    Oracleでは統計情報のバックアップやインポートが可能ですが、別のユ…

  2. Oracle

    Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

    OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tab…

  3. Oracle

    【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックア…

  4. Oracle

    [Oracle] sysでユーザーを指定してexpdpをする方法

    sysdba権限のsysユーザー(sysdba)でユーザー(スキーマ)…

  5. Oracle

    Statspackレポートを定期的(1日1回)に自動で作成する方法

    OracleのStatspackレポートを、自動で1日1回、1時間間隔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP