Oracle

  (最終更新日:2014.08.27)

OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスID(pid)を調査する場合があります。そんな時は下記のSQLでpidを確認することができます。

select
    ses.sid,
    proc.spid,
    ses.username,
    ses.osuser,
    ses.machine,
    ses.program,
    ses.sql_id
from
    v$session ses
    left join v$process proc on(ses.paddr = proc.addr)
where
    ses.SID='[sid]'

こんな感じです。
トレースの際などに利用できますね。

ちなみにOEMから確認もできるので場合によってはそっちの方が圧倒的に早いです‥。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    【SQL*Plus】SYSDBA権限でリモートサーバに簡易接続ネーミングで接続する方法

    リモートのOracleサーバにSQL*Plusで接続する際に、SYSD…

  2. Oracle

    Database linkのimpdpでORA-39113エラーが発生した原因

    Oracle Database SE 10.2.0.1 から Orac…

  3. Oracle

    【Oracle】セッションがKILLEDのまま残り続けてしまう時の対処方法

    Oracleで特定のセッションを強制終了しようと ALTER SYST…

  4. Oracle

    Oracleのプロファイルを参照作成(コピー)するなら類似作成が便利

    Oracleでパスワードの有効期限などを独自に設定したプロファイルを作…

  5. Oracle

    最新のOpatchをダウンロードする方法

    Oracleから最新のOpatchをダウンロードする方法が非常に分かり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP