Oracle

  (最終更新日:2017.08.14)

DBD-Oracleのインストール時にdemo_rdbms.mkが無い場合。Clientは必要なのか?

PerlモジュールのDBD-Oracleをソースからインストールする際に「Unable to locate an oracle.mk, proc.mk or other suitable *.mk」というエラーで詰まったときは、perl Makefile.PL 時に-mオプションで demo.mk などを指定する必要があります。

しかしながら、この demo.mk は普通にOracle Databaseをインストールされた環境には含まれていません。同じく oracle.mk などもです。

Oracle Instant Clientのインストールが必要

これを解決するには、該当の環境に Oracle Instant Client のRPMをインストールする必要があります。通常は「oracle-instantclient-devel」と「oracle-instantclient-basic」の2つで十分です。

ただ、既に Oracle DataBase 本体がインストールされていたら・・・・。

その場合でも、どうやらClientは別途インストールする必要があるようでした。 データベース本体が入っていてもクライアント利用をする時はそれ用のパッケージが必須、ということでしょうか。

解決策例

というわけで解決策の例としては。
Oracle Instant Client をインストールし、Makefile.PL 時に demo.mk を指定するようにすればOKです。

$ perl Makefile.PL -l -m /usr/share/oracle/10.1.0.4/client/demo.mk

これでインストールが進むはず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Oracle

    Statspackの取り方:テキスト形式のレポートをコマンドで出力する

    Oracleの障害や状況調査で役に立つStatspackレポートをテキ…

  2. Oracle

    Statspackレポートを定期的(1日1回)に自動で作成する方法

    OracleのStatspackレポートを、自動で1日1回、1時間間隔…

  3. Oracle

    Linux版Oracle Database 11gの起動手順と停止手順

    すごく基礎的なことなんですが、Linux版のOracle Da…

  4. Oracle

    SQLチューニングアドバイザを使用するために必要な権限

    OracleでSQLチューニングアドバイザ(EEライセンス)を利用する…

  5. Oracle

    Oracleでカラムのデータをほぼ同じ文字数の文字で置換する方法

    つまりどういうことだってばよ!!!って言われそうですが。 噛み砕いてい…

  6. Oracle

    OracleのセッションIDからOSのプロセスIDを調べる方法

    Oracleで障害調査を行いたいときなどに、sidからOSのプロセスI…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP