NetApp

  (最終更新日:2020.01.10)

NetApp / cDot : AutoSupport Mailを手動で送信する方法

NetAppのcDotモードにおいて AutoSupport Mail を手動で送信するには system node autosupport invoke コマンドを利用します。

コマンド

netapp> system node autosupport invoke -node * -type all

これで AutoSupport Mail が送信されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. NetApp

    【NetApp】mv: failed to preserve ownership エラーの原因と対処…

    NFSでマウントしたNetAppボリュームに対して所有者 root の…

  2. NetApp

    NetAppにログインしてNFSの貸し出し(exports)設定を確認する方法

    NetAppのNFS貸し出しの設定を変更するには、管理サーバから /v…

  3. NetApp

    NetAppでNFSの接続状況を調べる方法

    NetApp(ONTAP)において、NFS貸出中に接続しているホストの…

  4. NetApp

    【NetApp】rootユーザーのパスワードをコンソールから変更する方法

    NetAppのコンソールからrootユーザーのパスワードを変更するには…

  5. NetApp

    【NetApp】AutoSupportMailの宛先を変更する方法

    NetApp (ontap) におけるAutoSupportMail等…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP