NetApp

  (最終更新日:2018.10.16)

【NetApp】筐体廃棄前にディスクの完全消去をする手順

NetApp機器の廃棄をする前に、搭載しているディスクの消去をする必要があるかと。
そんなときの手順をメモ的に残しておきたいと思います。

disk sanitization を利用

ディスクの消去には「disk sanitization」という機能を利用します。これは標準ではライセンス・オフとなっているので、まずは事前にサポートやベンダーの担当営業などに依頼してライセンスコードを入手しておく必要があります。

まずはNetAppの初期化から

まずはNetAppのOS(Ontap)を工場出荷状態に初期化します。

OSのリブート後にブートメニューを表示するか?といったメッセージが表示されるので、そのタイミングで「Ctrl+C」を押してブートメニューを表示。
「(4) Clean configuration and initialize all disks.」もしくは「(4a) Same as option 4, but create a flexible root volume.」と表示されるので「4」を入力してエンターキーを押せば確認後に初期化が始まります。

初期化完了後、最小限の3本で構成されたアグリゲートにOSがインストールされるので、残りのディスクが sanitization 可能です。初期設定を少しする必要があるので要注意。

disk sanitizationライセンスの有効化

ライセンスキーを入手後、Ontapでライセンスを有効化させます。

> license add [入手したキー]
> options licensed_feature.disk_sanitization.enable on ← これは念の為に実行してる系

ディスクを消去する

前述したように、disk sanitizationで消去できるのはスペアディスク(アグリゲートに組み込まれていないディスク)のみとなりますので、初期化後に自動的に作成された3本構成のアグリゲート以外のディスクが対象となります。

まずは該当するディスクのディスクIDを sysconfig -r で取得。

Pool0 spare disks

RAID Disk       Device          HA  SHELF BAY CHAN Pool Type  RPM  Used (MB/blks)    Phys (MB/blks)
---------       ------          ------------- ---- ---- ---- ----- --------------    --------------
Spare disks for block checksum
spare           0a.00.3         0a    0   3   SA:A   0  FSAS  7200 3807816/7798408704 3815447/7814037168

この結果でいくところの 0a.00.3 がスペアディスクのディスクIDとなります。今回はずらずら~っとたくさん表示されるはず。

あとはディスクIDを指定して disk sanitize を実行するだけ。対象となる全てのディスクIDをスペース区切りで複数指定することができます。

> disk sanitize start [対象のディスクIDをスペース区切りで指定]

例)
> disk sanitize start 0a.00.3 0a.00.4

ディスクの完全消去が動いている間は筐体前面のディスクランプがオレンジ点滅しているはず。。。 状況の確認は disk sanitize status で可能です。

例)
> disk sanitize status 0a.00.3 0a.00.4

この手順でNetAppのディスクの完全消去ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. NetApp

    NetApp(FAS2520)でリアルタイム圧縮機能を有効化する方法と書込速度の検証結果

    NetApp(FAS2520)でリアルタイム圧縮をしてみたらどんな感じ…

  2. NetApp

    NetAppにログインしてNFSの貸し出し(exports)設定を確認する方法

    NetAppのNFS貸し出しの設定を変更するには、管理サーバから /v…

  3. NetApp

    【まとめ】NetAppのSnapMirrorでよく使うコマンド集

    NetApp(ONTAP)のSnapMirrorの操作でよく使うコマン…

  4. NetApp

    【NetApp】mv: failed to preserve ownership エラーの原因と対処…

    NFSでマウントしたNetAppボリュームに対して所有者 root の…

  5. NetApp

    【NetApp】スナップミラー構成時におけるボリュームの拡張方法

    スナップミラーを利用した2台構成のNetApp環境において、ボリューム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP