Mattermost

  (最終更新日:2018.05.15)

Mattermost:スラッシュコマンド利用時にaddress forbiddenで失敗するとき

Mattermost をバージョンアップ後、今まで使えていたスラッシュコマンドが利用できなくなりました。

ログを確認したところ下記のようなエラーが。。。

[EROR] /api/v4/commands/execute:command code=500 rid=(略) uid=(略) ip=(略) Command with a trigger of 'hogecmd' failed [details: Post http://172.17.100.1/hogecmd.php: address forbidden]

いろいろ調べてみたところ、どうやらセキュリティが向上したことで外部への接続がデフォルトで制限されるようになったようで、設定項目 AllowedUntrustedInternalConnections に接続先を指定することで解消しました。

解決策

config.json を修正。

# vi /opt/mattermost/config/config.json

とりあえず今回は制限なしとします。
AllowedUntrustedInternalConnections の値を下記内容にて変更します。

“AllowedUntrustedInternalConnections”: “”,

“AllowedUntrustedInternalConnections”: “0.0.0.0/0”,

これで完了です。
config.json の修正時はMattermostの再起動はする必要なく、ファイルの修正後に自動的に設定がリロードされるので即座に設定反映となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Mattermost

    Mattermostで日本語フォントのスタイルを変更する方法

    SlackのクローンOSSの《Mattermost》で、スタイルシート…

  2. Mattermost

    MattermostのMySQLで日本語の全文検索に対応する方法

    Mattermostでは日本語の部分検索が対応していませんので、例えば…

  3. Mattermost

    Mattermost:pluginsディレクトリのエラーがログに出力される時

    Mattermostをバージョンアップ(3.5.0 → 4.9.2)さ…

  4. Mattermost

    Mattermost 4.4をCentOS 7にインストールする手順

    Mettermost 4.4 (今回は 4.4.2) を CentOS…

  5. Mattermost

    【Mattermost】ユーザー管理をする方法

    Mattermostでユーザーの変更や削除といったユーザー管理をする際…

  6. Mattermost

    Mattermostを開くと502エラーが表示される時

    SlackのクローンOSSとして人気のあるMattermost。便利で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP