Mattermost

  (最終更新日:2018.02.21)

Mattermostを開くと502エラーが表示される時

SlackのクローンOSSとして人気のあるMattermost。便利ですよね。
とてもありがたく使わせていただいています。

そんなMattermostで下記のような502エラーが表示された時は。

We received an unexpected status code from the server. (502)

大抵の割合で Mattermost がダウンしています。。。

というわけで復旧はサーバにログインして Mattermost のステータスを確認後に起動します。

$ systemctl status mattermost.service
$ systemctl stop mattermost.service
$ systemctl start mattermost.service
$ systemctl status mattermost.service

恐らくこれで回復するかと。
ちなみに Mattermost のログは下記から確認可能です。

/opt/mattermost/logs/mattermost.log


スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Mattermost

    MattermostのMySQLで日本語の全文検索に対応する方法

    Mattermostでは日本語の部分検索が対応していませんので、例えば…

  2. Mattermost

    Mattermost:スラッシュコマンド利用時にaddress forbiddenで失敗するとき

    Mattermost をバージョンアップ後、今まで使えていたスラッシュ…

  3. Mattermost

    Mattermost 4.4をCentOS 7にインストールする手順

    Mettermost 4.4 (今回は 4.4.2) を CentOS…

  4. Mattermost

    【Mattermost】ユーザー管理をする方法

    Mattermostでユーザーの変更や削除といったユーザー管理をする際…

  5. Mattermost

    Mattermost:pluginsディレクトリのエラーがログに出力される時

    Mattermostをバージョンアップ(3.5.0 → 4.9.2)さ…

  6. Mattermost

    Mattermostで日本語フォントのスタイルを変更する方法

    SlackのクローンOSSの《Mattermost》で、スタイルシート…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP