Linux

  (最終更新日:2015.09.11)

インタフェース毎の通信状況を確認できるifstatusをソースからインストールする方法

Linuxサーバにおいて、各インタフェースのトラフィックをリアルタイムで確認できるツールに ifstatus というのがあります。
ifstatus
現在のリアルな受信値、送信値。
実行後からの最大値などなど。
いろいろな値を確認することができて便利です。

複数のインタフェースを持つサーバの場合、キーボードの数字キーを操作することで、表示されているインタフェースを切り替えることも可能。

インストール方法

CentOSにifstatusをインストールする方法としてEPELリポジトリを利用してRPMからインストールする方法もありますが、今回はソースからのインストール手順をご紹介です。

こちらの方が、わざわざEPELリポジトリを登録したりする必要がないので簡単。

まずはソースファイルをダウンロードします。

wget http://ifstatus.sourceforge.net/download/ifstatus-v1.1.0.tar.gz

続いて make して make install。これだけです。

tar -xzf ifstatus-v1.1.0.tar.gz
cd ifstatus
make
make install

簡単ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    Postfixで送信元のlocaldomainを変更する方法

    正しいFQDNではないホスト名を設定したサーバからPostfixでメー…

  2. Linux

    SSHでリモート越しにスクリプトをバックグラウンドでキックする方法

    SSHを利用して、別サーバに設置しているシェルスクリプトをリモート経由…

  3. Linux

    【pigz】Linux環境でマルチコアをフル活用して圧縮・解凍する方法

    Linux環境でファイルの圧縮・解凍をするときには gzip や gu…

  4. Linux

    【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限)にする

    xfs_quotaコマンドでディスククォータの設定を行っている時に、制…

  5. Linux

    LinuxでCPUのコア数と物理プロセッサ数を確認する方法

    サーバに搭載しているCPUのコア数やプロセッサ数を確認したくなったので…

  6. Linux

    【NTPサーバ】restrictの設定が効かない時の原因と解決策。NTP 4.2以上推奨

    NTPサーバの構築時に ignore での参照制限を入れた後に res…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  3. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  4. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
  5. 【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限…
PAGE TOP