Linux

  (最終更新日:2015.09.7)

CentOS 6:sysstat(sar)の採取間隔を10分から5分に変更する方法

sarコマンド(sysstat)のサンプリング採取間隔はデフォルト10分間隔です。
この間隔を5分間に変更するには、cronの記載を変更するだけで対応できます。

まずは現在の設定を確認します。

# cat /etc/cron.d/sysstat
# Run system activity accounting tool every 10 minutes
*/10 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
# 0 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 600 6 &
# Generate a daily summary of process accounting at 23:53
53 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A

現在、10分間隔で採取し、毎日23時53分に集計していることが分かります。

この記載を下記のように変更します。

# vi /etc/cron.d/sysstat
# Run system activity accounting tool every 10 minutes
#*/10 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
*/5 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 1 1
# 0 * * * * root /usr/lib64/sa/sa1 600 6 &
# Generate a daily summary of process accounting at 23:53
#53 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A
58 23 * * * root /usr/lib64/sa/sa2 -A

これで、5分間隔での採取。そして毎日23時58分に集計をするようになります。

以上です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    sendmailで別サーバからのメールリレーを許可する設定をする方法

    サーバAからサーバBを経由してメールを送信するのを「リレー」といいます…

  2. Linux

    【TeraTerm】LogMeTTとTeraマクロを利用して秘密鍵とパスワードで自動ログインする方法…

    ローカルに保存した秘密鍵を用いてTeraTermで自動ログインをする方…

  3. Linux

    fail2ban 0.9.3をインストールしてFTP攻撃をブロックする方法

    所有している公開サーバでFTPによる不正アタックが頻発してきましたので…

  4. Linux

    lsコマンドに時間がかかりすぎて返ってこない時は-Uオプションを付けるべし

    lsコマンドでディレクトリの中身の一覧を取得しようとしたけれど、ファイ…

  5. Linux

    後からLVMのパーティションを作成する方法

    複数のハードディスクを、LVMを使って一つのパーティションとしてまとめ…

  6. Linux

    Cronの標準出力結果メールの送信元を変更する方法

    RedHat 6(CentOS 6)から仕様変更があったのか、一般ユー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP