Linux

  (最終更新日:2015.03.26)

Cronの標準出力結果メールの送信元を変更する方法

RedHat 6(CentOS 6)から仕様変更があったのか、一般ユーザーのCronで標準出力を実行するとrootユーザーからメールが送信されるようになりました。

つまり hoge ユーザーのCronで標準出力を実行すると、届くメールの送信元が root@localhost.domain といった感じになります。分かりにくい…。

というわけでCronの標準出力結果メールの送信元アドレスを変更するには、Crontabの記載で MAILFROM を指定すればOKです。

例えば hoge ユーザーのCrontabの場合は。。。

crontab -e

として下記のように記載します。

MAILFROM=hoge
* * * * * /home/hoge/test.sh

これで hoge@localhost.domain からメールが届くようになります。(localhost.domain の箇所は自サーバのホスト名になります)

フルのメールアドレスを指定することも可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    useraddコマンドでパスワードも指定する方法

    Linuxのuseraddコマンドで、引数指定によるパスワードを設定す…

  2. Linux

    【シェル】外部ファイルを配列に読み込んで一行ずつ処理する方法

    外部ファイルとなるファイルリストを読み込んで、一行ずつ処理を実行するシ…

  3. Linux

    【RHEL】CUIでRHNにシステムを登録する方法

    Xwindow(GUI)をインストールしていない環境の場合、RHN(R…

  4. Linux

    SSHでリモート越しにスクリプトをバックグラウンドでキックする方法

    SSHを利用して、別サーバに設置しているシェルスクリプトをリモート経由…

  5. Linux

    LinuxでCPUのコア数と物理プロセッサ数を確認する方法

    サーバに搭載しているCPUのコア数やプロセッサ数を確認したくなったので…

  6. Linux

    【sudo】メール通知の件名を変更する方法

    mail_always 設定を入れておくことでsudoを実行した際に管…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP