Linux

  (最終更新日:2014.10.28)

大容量HDDをparted (GNU Parted)でフォーマットして使えるようにする手順

2TBを超えるハードディスクは、GPT ( GUID Partition Table ) にて管理する必要がありますので、今まで使えていたfdiskでのフォーマットが行えません。

そこでfdiskに変わる方法としてpartedというコマンドがありますので、そちらのコマンドを利用して2TBを超えるパーティションを使えるようにしたいと思います。

前提

今回の前提としては下記を想定しています。

  • ハードディスクサイズは7687MB(7.6TB)
  • パーティションは一発切り
  • OSはCentOS 6.5 64bit
  • ハードディスクのデバイスは /dev/sdb

フォーマットする

parted でフォーマットする前に mklabel でラベルを作成してやる必要があります。

# parted /dev/sdb
(parted) mklabel gpt

続いてパーティションを新規で作成します。
下記コマンドで「primary というパーティション名で ext4 タイプ、使用サイズは0%から100%まで利用」という内容になります。

(parted) mkpart
パーティションの名前?  []? primary
ファイルシステムの種類?  [ext2]? ext4
開始? 0%
終了? 100%

作成が完了したら print コマンドで確認しておきます。

(parted) print
モデル: FUJITSU ETERNUS_DXL (scsi)
ディスク /dev/sdb: 7697GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始    終了    サイズ  ファイルシステム  名前     フラグ
 1    1049kB  7697GB  7697GB                    primary

これで新規パーティションの作成は完了です。あとはいつも通りにフォーマットしてマウントすれば利用可能となります。

# mkfs -t ext4 /dev/sdb1
# mount -t ext4 /dev/sdb1 /mnt/nas
# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sdb1       6.9T  178M  6.6T   1% /mnt/nas

以上で完了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    Postfixで送信元のlocaldomainを変更する方法

    正しいFQDNではないホスト名を設定したサーバからPostfixでメー…

  2. Linux

    【Linux】複数のファイルの中身から特定の文字列を検索(grep)する方法

    Linuxで複数のファイルの中身から特定の文字列を検索するコマンドのメ…

  3. Linux

    【RHEL】yum installが403エラーで失敗するときの原因と対処方法

    Red Hat Enterprise Linux で、一度システムの登…

  4. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

  5. Linux

    wgetコマンドでproxyを使わない方法

    wgetコマンド利用時に、設定ファイル /etc/wgetrc で指定…

  6. Linux

    Sambaでシンボリックリンク先にアクセスする方法

    Sambaで、シンボリックリンクのフォルダを開こうとしたところ「***…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP