Linux

LuksでCentOSでパーティションを暗号化する方法。USBの外付けHDDにも使えるよ。

LUKSというのを利用して、CentOSで特定のパーティションを暗号化する方法のメモです。パーティションを一発切りしておけばHDD一本丸ごと暗号化することもできます。

ことの発端は、サーバの中にある大容量データを別の場所にあるサーバに移動させる必要ができたので、USBの外付けHDDを利用して郵送しようということになったのです。 だったらその外付けHDDを暗号化しといた方がいいよね!というわけでcryptsetupによる暗号化を行ってみました。

暗号化する

まずは外付けHDDをサーバにUSBで接続して暗号化させます。

外付けHDDのパーティションに対してフォーマットを行います。ここで重要なのは確認コマンドを大文字で YES と入力することです。小文字ではダメです。

# cryptsetup luksFormat /dev/sdc1

WARNING!
========
This will overwrite data on /dev/sdc1 irrevocably.

Are you sure? (Type uppercase yes): YES ← 大文字で入力
Enter LUKS passphrase:  ← パスワードを適当に入力
Verify passphrase:  ← パスワードの確認

続いてデバイス名を作成します。
(今回は ango という名前で作成しています)

# cryptsetup luksOpen /dev/sdc1 ango
Enter passphrase for /dev/sdc1:  ← パスワードを入力

ext3 でフォーマットします。

# mkfs -t ext3 /dev/mapper/ango

ここまででひとまず暗号化は完了です。あっという間。 試しにマウントして、暗号化領域に保存したいデータをコピーします。

# mount /dev/mapper/ango /mnt

利用が終わったらアンマウントしてデバイス名を削除します。

# umount /mnt
# cryptsetup luksClose ango

移動先のサーバでマウントしてデータを取り出す

今回の想定の場合における移動先のサーバにUSBで外付けHDDを挿します。
既にフォーマットなどは済んでいるので、移動先のサーバではデバイス名の作成とマウントだけで利用可能になります。

# cryptsetup luksOpen /dev/sdc1 ango
Enter passphrase for /dev/sdc1:  ← パスワードを入力
# mount /dev/mapper/ango /mnt

以上で完了です。

関連記事

  1. Linux

    Linux:ファイルリストを元にファイルを削除する方法

    作成したファイルリストを元に対象のファイルを削除する方法です。今回…

  2. Linux

    Windows Server 2012でNFSクライアントをインストールする方法

    Windows Server 2012からNFSサーバをマウントするに…

  3. Linux

    scsi_idコマンドでWWIDを確認する方法

    FCなどでマルチパス設定をする際に、ディスクのWWIDが必要になります…

  4. Linux

    【TeraTerm】LogMeTTとTeraマクロを利用して秘密鍵とパスワードで自動ログインする方法…

    ローカルに保存した秘密鍵を用いてTeraTermで自動ログインをする方…

  5. Linux

    【NTPサーバ】restrictの設定が効かない時の原因と解決策。NTP 4.2以上推奨

    NTPサーバの構築時に ignore での参照制限を入れた後に res…

  6. Linux

    【決定版】vimで勝手にコメントアウトされるのを自動で無効化する方法

    vimを利用していて挿入時などに勝手にコメントアウトされてしまう事象を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除…
  2. 【VMware】yum updateしたらディスプレイの設定…
  3. CentOS 6.7でデフォルトのカーネルを変更する方法
  4. CentOS 7で後からX windowsを追加インストール…
  5. Gmailで携帯に転送する際の確認メールが届かない時の対処方…
PAGE TOP