Linux

  (最終更新日:2019.08.14)

さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法

諸事情により古いOSをインストール必要に迫られたので、さくらのVPSで CentOS 5.8 をカスタムOSからインストールしようとしたところ、ディスクのフォーマットの段階で下記のエラーが表示されてインストールできなくなりました。

自動パーティション設定のエラーです

パーティション作成中に次のエラーが発生しました:
ディスク嬢のブートパーティションは GPT パーティションスキームを使用しています。ただし、このマシンはGPTを使用したブートは行なえません。

これはすなわち、CentOS 5だとディスクのパーティションラベルが MBR でなければいけないのに対して、さくらのVPSのバーチャルディスクのラベルが GPT になっているからの警告となります。

というわけで対象のディスクのラベルを MBR に変更すればインストールできるはず。

GPT → MBR に変更する手順

まずはインストールディスクをセットしてレスキューモードで起動します。

インストール画面で F5 を押してレスキューモードの入力画面に変更し、 linux resque と入力して起動すればOKです。起動後は言語選択やキーボード設定、ネットワーク設定が表示されます。ここらへんも必要なければ適当でOK。

無事にレスキューモードで入ったら、今度はパーティションラベルを変更します。 さくらのVPSにおけるディスクのパーティションは /dev/vda になっているかと思いますので、parted コマンドでディスクのパーティションを修正します。 このとき、 mklabel msdos を指定することで MBR ラベルに変更できます。

parted /dev/vda
(parted) mklabel msdos

これで完了。
あとは reboot で再起動してOSインストールを起動すれば、先程エラーになったパーティション設定もエラーなく進むはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    【シェル】外部ファイルを配列に読み込んで一行ずつ処理する方法

    外部ファイルとなるファイルリストを読み込んで、一行ずつ処理を実行するシ…

  2. Linux

    インタフェース毎の通信状況を確認できるifstatusをソースからインストールする方法

    Linuxサーバにおいて、各インタフェースのトラフィックをリアルタイム…

  3. Linux

    RHNへの登録時にCode 70でエラーになる原因

    RHEL 6.7の構築を行った後に、Red Hat Network(通…

  4. Linux

    【Linux】ディレクトリ毎にファイル数を検出する方法

    指定したディレクトリの配下にある全てのディレクトリ毎に、含まれているフ…

  5. Linux

    FortigateのプライベートMIBをCentOS 5に追加する手順

    Fortigateの200Dを導入してみました。NagiosやMR…

  6. Linux

    Linuxでアカウント期限切れになったユーザーを復活させる方法

    Linuxの、アカウント期限切れになったユーザーを復活(期限切れを解除…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP