Linux

  (最終更新日:2019.08.14)

さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法

諸事情により古いOSをインストール必要に迫られたので、さくらのVPSで CentOS 5.8 をカスタムOSからインストールしようとしたところ、ディスクのフォーマットの段階で下記のエラーが表示されてインストールできなくなりました。

自動パーティション設定のエラーです

パーティション作成中に次のエラーが発生しました:
ディスク嬢のブートパーティションは GPT パーティションスキームを使用しています。ただし、このマシンはGPTを使用したブートは行なえません。

これはすなわち、CentOS 5だとディスクのパーティションラベルが MBR でなければいけないのに対して、さくらのVPSのバーチャルディスクのラベルが GPT になっているからの警告となります。

というわけで対象のディスクのラベルを MBR に変更すればインストールできるはず。

GPT → MBR に変更する手順

まずはインストールディスクをセットしてレスキューモードで起動します。

インストール画面で F5 を押してレスキューモードの入力画面に変更し、 linux resque と入力して起動すればOKです。起動後は言語選択やキーボード設定、ネットワーク設定が表示されます。ここらへんも必要なければ適当でOK。

無事にレスキューモードで入ったら、今度はパーティションラベルを変更します。 さくらのVPSにおけるディスクのパーティションは /dev/vda になっているかと思いますので、parted コマンドでディスクのパーティションを修正します。 このとき、 mklabel msdos を指定することで MBR ラベルに変更できます。

parted /dev/vda
(parted) mklabel msdos

これで完了。
あとは reboot で再起動してOSインストールを起動すれば、先程エラーになったパーティション設定もエラーなく進むはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    Linuxでアカウント期限切れになったユーザーを復活させる方法

    Linuxの、アカウント期限切れになったユーザーを復活(期限切れを解除…

  2. Linux

    Linux:ファイルリストを元にファイルを削除する方法

    作成したファイルリストを元に対象のファイルを削除する方法です。今回…

  3. Linux

    mke2fsでのフォーマットが『/dev/sdb1 is apparently in use by …

    2TBのHDDをサーバからぶっこ抜いて別サーバに接続、fdiskでパー…

  4. Linux

    LuksでCentOSでパーティションを暗号化する方法。USBの外付けHDDにも使えるよ。

    LUKSというのを利用して、CentOSで特定のパーティションを暗号化…

  5. Linux

    マルチスレッドを活かした並列処理でfioのパフォーマンステストを実施する方法

    fioコマンドを利用してパフォーマンステストを実施する際に、シングルス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP