Linux

  (最終更新日:2019.08.14)

さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法

諸事情により古いOSをインストール必要に迫られたので、さくらのVPSで CentOS 5.8 をカスタムOSからインストールしようとしたところ、ディスクのフォーマットの段階で下記のエラーが表示されてインストールできなくなりました。

自動パーティション設定のエラーです

パーティション作成中に次のエラーが発生しました:
ディスク嬢のブートパーティションは GPT パーティションスキームを使用しています。ただし、このマシンはGPTを使用したブートは行なえません。

これはすなわち、CentOS 5だとディスクのパーティションラベルが MBR でなければいけないのに対して、さくらのVPSのバーチャルディスクのラベルが GPT になっているからの警告となります。

というわけで対象のディスクのラベルを MBR に変更すればインストールできるはず。

GPT → MBR に変更する手順

まずはインストールディスクをセットしてレスキューモードで起動します。

インストール画面で F5 を押してレスキューモードの入力画面に変更し、 linux resque と入力して起動すればOKです。起動後は言語選択やキーボード設定、ネットワーク設定が表示されます。ここらへんも必要なければ適当でOK。

無事にレスキューモードで入ったら、今度はパーティションラベルを変更します。 さくらのVPSにおけるディスクのパーティションは /dev/vda になっているかと思いますので、parted コマンドでディスクのパーティションを修正します。 このとき、 mklabel msdos を指定することで MBR ラベルに変更できます。

parted /dev/vda
(parted) mklabel msdos

これで完了。
あとは reboot で再起動してOSインストールを起動すれば、先程エラーになったパーティション設定もエラーなく進むはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの設定を反映する

    LinuxサーバでNFSの貸し出し設定を変更したいときは /etc/e…

  2. Linux

    Sambaでシンボリックリンク先にアクセスする方法

    Sambaで、シンボリックリンクのフォルダを開こうとしたところ「***…

  3. Linux

    sendmailで別サーバからのメールリレーを許可する設定をする方法

    サーバAからサーバBを経由してメールを送信するのを「リレー」といいます…

  4. Linux

    【RHEL】yum installが403エラーで失敗するときの原因と対処方法

    Red Hat Enterprise Linux で、一度システムの登…

  5. Linux

    lsコマンドに時間がかかりすぎて返ってこない時は-Uオプションを付けるべし

    lsコマンドでディレクトリの中身の一覧を取得しようとしたけれど、ファイ…

  6. Linux

    Linuxでアカウント期限切れになったユーザーを復活させる方法

    Linuxの、アカウント期限切れになったユーザーを復活(期限切れを解除…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP