Linux

  (最終更新日:2014.09.8)

LinuxでCPUのコア数と物理プロセッサ数を確認する方法

サーバに搭載しているCPUのコア数やプロセッサ数を確認したくなったのでその方法をメモがてらご紹介です。
ソフトウェアの契約時にCPUライセンスだった場合はこういった情報が必要になりますからね。

OS的に何個のCPUを認識しているか確認する

OS的に何個のCPUを認識しているか確認してみます。いわゆるプロセッサ数。

# cat /proc/cpuinfo | grep processor
processor       : 0
processor       : 1
processor       : 2
processor       : 3

この結果でいくと4つのCPUを認識していることが分かります。topコマンドを叩いたら出てくる数です。

物理CPU数を確認する

物理的に何個のCPUを搭載しているか確認してみます。

# cat /proc/cpuinfo | grep "physical id"
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0

physicalなIDが0しかないので、物理的に1個のプロセッサを搭載していることになります。

コア数を確認する

CPUのコア数を確認してみます。

# cat /proc/cpuinfo | grep "cpu cores"
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4

この結果でいくと4コア存在することになります。

まとめ

つまるところ今回の場合は 物理CPU1個のクアッドコア ということになります。
ちなみにハイパースレッディングの場合は # cat /proc/cpuinfo | grep processor の結果が物理CPU数とコア数の掛け算で合わなくなります。
下記のような感じです。

# cat /proc/cpuinfo | grep processor
processor       : 0
processor       : 1
processor       : 2
processor       : 3
processor       : 4
processor       : 5
processor       : 6
processor       : 7
# cat /proc/cpuinfo | grep "cpu cores"
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
cpu cores       : 4
# cat /proc/cpuinfo | grep "physical id"
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
physical id     : 0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    psコマンドで時間(TIME)を表示させない方法

    OSの再起動をする前と後のプロセス状態の差異を確認したいなぁ と思いp…

  2. Linux

    mke2fsでのフォーマットが『/dev/sdb1 is apparently in use by …

    2TBのHDDをサーバからぶっこ抜いて別サーバに接続、fdiskでパー…

  3. Linux

    Linux:ファイルリストを元にファイルを削除する方法

    作成したファイルリストを元に対象のファイルを削除する方法です。今回…

  4. Linux

    【決定版】vimで勝手にコメントアウトされるのを自動で無効化する方法

    vimを利用していて挿入時などに勝手にコメントアウトされてしまう事象を…

  5. Linux

    CentOS 6:sysstat(sar)の採取間隔を10分から5分に変更する方法

    sarコマンド(sysstat)のサンプリング採取間隔はデフォルト10…

  6. Linux

    LinuxカーネルパラメータSEMMNSとSEMMSLの値を確認する方法

    OracleでPROCESSESパラメータの値を変更する際には、OSカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 10月 22日

最近の記事

  1. yumbackend.pyが終わらない? yumがロックされ…
  2. exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの…
  3. 【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状…
  4. 【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法
  5. 【NetApp】dateコマンドでシステムの時刻を確認する
PAGE TOP