Linux

  (最終更新日:2017.09.8)

exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの設定を反映する

LinuxサーバでNFSの貸し出し設定を変更したいときは /etc/exports に追記する必要がありますが。この内容は記載しただけでは反映されません。

そこで記載した内容を新たに反映させて別マシンからNFSマウントができるようにするには、exportfs コマンドを実行する必要があります。動的に変更されるので既存のNFSマウントが切れるといったことはありません。

$ exportfs -ra

ちなみに現在のexport状況を確認するにはオプション -v で見られます。

$ exportfs -v

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    【CentOS 7】特定ユーザーのクォータ設定を削除(無制限)にする

    xfs_quotaコマンドでディスククォータの設定を行っている時に、制…

  2. Linux

    【TeraTerm】LogMeTTとTeraマクロを利用して秘密鍵とパスワードで自動ログインする方法…

    ローカルに保存した秘密鍵を用いてTeraTermで自動ログインをする方…

  3. Linux

    Linux:ファイルリストを元にファイルを削除する方法

    作成したファイルリストを元に対象のファイルを削除する方法です。今回…

  4. Linux

    lsコマンドに時間がかかりすぎて返ってこない時は-Uオプションを付けるべし

    lsコマンドでディレクトリの中身の一覧を取得しようとしたけれど、ファイ…

  5. Linux

    Windows Server 2012でNFSクライアントをインストールする方法

    Windows Server 2012からNFSサーバをマウントするに…

  6. Linux

    大容量HDDをparted (GNU Parted)でフォーマットして使えるようにする手順

    2TBを超えるハードディスクは、GPT ( GUID Partitio…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP