Linux

  (最終更新日:2017.09.8)

exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの設定を反映する

LinuxサーバでNFSの貸し出し設定を変更したいときは /etc/exports に追記する必要がありますが。この内容は記載しただけでは反映されません。

そこで記載した内容を新たに反映させて別マシンからNFSマウントができるようにするには、exportfs コマンドを実行する必要があります。動的に変更されるので既存のNFSマウントが切れるといったことはありません。

$ exportfs -ra

ちなみに現在のexport状況を確認するにはオプション -v で見られます。

$ exportfs -v

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    Sambaでシンボリックリンク先にアクセスする方法

    Sambaで、シンボリックリンクのフォルダを開こうとしたところ「***…

  2. Linux

    マルチスレッドを活かした並列処理でfioのパフォーマンステストを実施する方法

    fioコマンドを利用してパフォーマンステストを実施する際に、シングルス…

  3. Linux

    gzファイルを解凍しながら別サーバにSSH転送する方法

    gz形式の巨大な圧縮ファイルを解凍して別サーバにSCP転送すると時間が…

  4. Linux

    【決定版】vimで勝手にコメントアウトされるのを自動で無効化する方法

    vimを利用していて挿入時などに勝手にコメントアウトされてしまう事象を…

  5. Linux

    fail2ban 0.9.3をインストールしてFTP攻撃をブロックする方法

    所有している公開サーバでFTPによる不正アタックが頻発してきましたので…

  6. Linux

    【sendmail】メールがリレーされないときの解決策

    sendmailで、『"Smart" relay host』にリレーの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP