Linux

  (最終更新日:2017.09.8)

exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの設定を反映する

LinuxサーバでNFSの貸し出し設定を変更したいときは /etc/exports に追記する必要がありますが。この内容は記載しただけでは反映されません。

そこで記載した内容を新たに反映させて別マシンからNFSマウントができるようにするには、exportfs コマンドを実行する必要があります。動的に変更されるので既存のNFSマウントが切れるといったことはありません。

$ exportfs -ra

ちなみに現在のexport状況を確認するにはオプション -v で見られます。

$ exportfs -v

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    useraddコマンドでパスワードも指定する方法

    Linuxのuseraddコマンドで、引数指定によるパスワードを設定す…

  2. Linux

    CentOS 6.7でデフォルトのカーネルを変更する方法

    CentOS 6.7で、yum updateによるカーネルのバ…

  3. Linux

    大容量HDDをparted (GNU Parted)でフォーマットして使えるようにする手順

    2TBを超えるハードディスクは、GPT ( GUID Partitio…

  4. Linux

    【シェル】外部ファイルを配列に読み込んで一行ずつ処理する方法

    外部ファイルとなるファイルリストを読み込んで、一行ずつ処理を実行するシ…

  5. Linux

    gzファイルを解凍しながら別サーバにSSH転送する方法

    gz形式の巨大な圧縮ファイルを解凍して別サーバにSCP転送すると時間が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP