Linux

  (最終更新日:2017.09.8)

exportfsコマンド:exportsファイルでのNFSの設定を反映する

LinuxサーバでNFSの貸し出し設定を変更したいときは /etc/exports に追記する必要がありますが。この内容は記載しただけでは反映されません。

そこで記載した内容を新たに反映させて別マシンからNFSマウントができるようにするには、exportfs コマンドを実行する必要があります。動的に変更されるので既存のNFSマウントが切れるといったことはありません。

$ exportfs -ra

ちなみに現在のexport状況を確認するにはオプション -v で見られます。

$ exportfs -v

以上です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Linux

    【RHEL】yum installが403エラーで失敗するときの原因と対処方法

    Red Hat Enterprise Linux で、一度システムの登…

  2. Linux

    【fdisk】パーティションが「範囲外の値です。」と作成できない時の対処方法

    ソフトウェアRAIDの再構築を行いたいときに、壊れたHDDと入れ替えた…

  3. Linux

    useraddコマンドでパスワードも指定する方法

    Linuxのuseraddコマンドで、引数指定によるパスワードを設定す…

  4. Linux

    【シェル】外部ファイルを配列に読み込んで一行ずつ処理する方法

    外部ファイルとなるファイルリストを読み込んで、一行ずつ処理を実行するシ…

  5. Linux

    【Linux】ディレクトリ毎にファイル数を検出する方法

    指定したディレクトリの配下にある全てのディレクトリ毎に、含まれているフ…

  6. Linux

    Cronの標準出力結果メールの送信元を変更する方法

    RedHat 6(CentOS 6)から仕様変更があったのか、一般ユー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. さくらのVPSにCentOS 5をインストールする方法
  2. PHP PhantomJSでFatal error: Unc…
  3. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜け…
  4. CentOS7のPHP5.6にPhpSpreadsheetを…
  5. Azure仮想マシン(CentOS 7)のStandardデ…
PAGE TOP