CentOS 7

  (最終更新日:2017.03.28)

CentOS 7で後からX windowsを追加インストールする方法

CentOS 7をMinimalインストール(最小構成インストール)した後に「あ、やっぱり必要だった!!」とX Window によるGUIが必要となったとき、追加で後からX Windowをインストールすることが可能です。 今回はその手順をメモ的にご紹介しておきたいと思います。

尚、永続的にGUIで起動するように設定を変更する場合、CentOS 7からは /etc/inittab の編集ではなく、例の systemctl コマンドで起動パラメータを変更することになるので要注意です。

yumでパッケージをインストール

yumを利用してX Windowをインストールします。ただ一個一個のパッケージを指定していたのでは気が遠くなるので、groupinstall を利用して一気にX Windowのグループをインストールします。

$ yum groupinstall "X Window System"
$ yum groupinstall "GNOME Desktop"
$ reboot

試しに手動でXを起動する

手動でX Windowを起動するには startx を実行するだけです。但し英語モードとして起動されてしまいます。

$ startx

日本語に変更する

英語モードでの起動ではなく、キチンとデフォルトで日本語で起動するように設定することができます。

$ cp -p /usr/bin/startx /usr/bin/startx.org
$ vi /usr/bin/startx

下記を適当なところに追記すればOK。

LANG=ja_JP.UTF-8

これで完了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. CentOS 7

    CentOS 7でlogwatch –printが使えなくなってた

    CentOS 7になってからいろいろ変わってまじ困る系です。新しい…

  2. CentOS 7

    【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法

    CentOS 7でルーティングを追加・削除するコマンドのメモです。…

  3. CentOS 7

    【CentOS 7】デフォルトゲートウェイの設定方法

    CentOS 7からネットワークの設定方法やコマンドがいろいろと変わっ…

  4. CentOS 7

    【CentOS 7】firewalldでとりあえず特定のIPからのみSSHを許可する

    CentOS 7から標準ファイアウォールとなった firewalld …

  5. CentOS 7

    Elasticsearch(全文検索エンジン)の初回起動に失敗するとき

    Elasticsearch(全文検索エンジン)のインストール後の初めて…

  6. CentOS 7

    【CentOS 7】古いバージョンのnode.jsを超簡単にインストールする方法

    yumでnode.jsをインストールするとその時のEPELリポジトリの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗…
  2. VMware Server 1系(Linux)のバージョンを…
  3. 【NetApp】AutoSupportMailの宛先を変更す…
  4. Mattermostを開くと502エラーが表示される時
  5. 【CentOS 7+Firewalld】FTPサーバへパッシ…
PAGE TOP