CentOS 7

  (最終更新日:2017.10.17)

【CentOS 7】デフォルトゲートウェイの設定方法

CentOS 7からネットワークの設定方法やコマンドがいろいろと変わって、今までの方法に慣れてる身としてはやや面倒になった気がしますよね。

デフォルトゲートウェイの設定方法も同じで、設定をしたいといろいろ確認してみたところ巷のサイトなどで紹介されている /etc/sysconfig/network-scripts/route-xxxx に記述する方法よりも、旧来の ifcfg-xxxx ファイルに記載した方が自分の環境としてはよかったのでメモ的に残しておきたいと思います。

複数インタフェースを持つ環境の場合は特にそうなのかな。。。

ifcfg-xxxファイルにGATEWAYで指定する

従来のやり方である、 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-xxx ファイルに GATEWAY でデフォルトゲートウェイを指定する方法を個人的にはお勧めします。

私の環境(複数のインタフェースを持つ環境)で route-xxxx に記載したのですが、正常にデフォルトゲートウェイから通信が出てくれませんでした。恐らく書き方の問題だとは思いますが‥。

設定方法はいつものごとく下記のようになります。

現在のデフォルトゲートウェイを ip route で確認。デフォルトゲートウェイは存在しません。

# ip route
10.0.0.0/24 dev ens160  proto kernel  scope link  src 10.0.0.196  metric 100 

ファイルに記述します。

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ens160 

下記を追記
GATEWAY=10.0.0.1

ネットワークを再起動します。

# systemctl restart network

デフォルトゲートウェイを ip route で確認すると、デフォルトゲートウェイが設定されているはず。

# ip route
default via 10.0.0.1 dev ens160  proto static  metric 100 
10.0.0.0/24 dev ens160  proto kernel  scope link  src 10.0.0.196  metric 100 

これで完了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. CentOS 7

    CentOS 7で起動ランレベルを変更する方法

    CentOS 7での起動ランレベルの変更メモです。CentOS 6…

  2. CentOS 7

    【CentOS 7】古いバージョンのnode.jsを超簡単にインストールする方法

    yumでnode.jsをインストールするとその時のEPELリポジトリの…

  3. CentOS 7

    CentOS 7でlogwatch –printが使えなくなってた

    CentOS 7になってからいろいろ変わってまじ困る系です。新しい…

  4. CentOS 7

    【CentOS 7】ネットワークインタフェース名をeth0などの旧来の方式に戻す方法

    CentOS 7から、ネットワークインタフェース名(インタフェースデバ…

  5. CentOS 7

    【CentOS 7】iptablesの使い方と設定内容を確認する方法

    CentOS 7 からはファイアウォールの管理が iptables か…

  6. CentOS 7

    【CentOS 7】ホスト名を変更する方法

    CentOS 7からホスト名の変更方法までも変わってコンチクショウめっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. Mattermost:スラッシュコマンド利用時にaddres…
  2. Mattermost:pluginsディレクトリのエラーがロ…
  3. 【Oracle】セッションがKILLEDのまま残り続けてしま…
  4. expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗…
  5. VMware Server 1系(Linux)のバージョンを…
PAGE TOP