CentOS 7

  (最終更新日:2018.01.11)

【CentOS 7】HISTIGNOREで指定してもhistoryコマンドが履歴から除外されないとき

CentOS 7 の bachrc で《HISTIGNORE》を利用して history コマンドの履歴から特定のコマンドを除外することができますが、ここに《HISTIGNORE=history:ls:ll》と指定したのになぜか history コマンドだけ履歴に残り続けるという謎事象に悩まされました。

解決策

結局、【HISTIGNORE=history*】とアスタリスク追記で記載したら無事に履歴から除外されるようになっています。

$ vi /etc/profile

下記を最下部に記載します。

HISTIGNORE=history*:ls:ll

これで完了。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. CentOS 7

    【CentOS 7】ルーティングの追加と削除の方法

    CentOS 7でルーティングを追加・削除するコマンドのメモです。…

  2. CentOS 7

    CentOS 7で起動ランレベルを変更する方法

    CentOS 7での起動ランレベルの変更メモです。CentOS 6…

  3. CentOS 7

    【CentOS 7】ファイアウォールの停止と自動起動の無効化の方法

    CentOS 7からファイアウォールが firewalld に変更…

  4. CentOS 7

    【CentOS 7】nkfをyumでインストールする方法

    CentOS 7からはnkfが標準リポジトリに入らなくなったので、yu…

  5. CentOS 7

    【CentOS 7】ルーティングを複数追加する方法

    CentOS 7になってから、今までのコマンドが使えなくなってストレス…

  6. CentOS 7

    【CentOS 7】インストール時の解像度を指定する方法

    CentOS 7のインストール時に、画面の解像度を指定する方法を解説し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Apache】OpenSSL headers not fo…
  2. 【CentOS 7】yum updateがくっそ遅いときに試…
  3. Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネー…
  4. CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自…
  5. Warning: tomcat.service change…
PAGE TOP