CentOS 7

  (最終更新日:2018.01.11)

【CentOS 7】HISTIGNOREで指定してもhistoryコマンドが履歴から除外されないとき

CentOS 7 の bachrc で《HISTIGNORE》を利用して history コマンドの履歴から特定のコマンドを除外することができますが、ここに《HISTIGNORE=history:ls:ll》と指定したのになぜか history コマンドだけ履歴に残り続けるという謎事象に悩まされました。

解決策

結局、【HISTIGNORE=history*】とアスタリスク追記で記載したら無事に履歴から除外されるようになっています。

$ vi /etc/profile

下記を最下部に記載します。

HISTIGNORE=history*:ls:ll

これで完了。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. CentOS 7

    CentOS 7で後からX windowsを追加インストールする方法

    CentOS 7をMinimalインストール(最小構成インストール)し…

  2. CentOS 7

    【CentOS 7】デフォルトゲートウェイの設定方法

    CentOS 7からネットワークの設定方法やコマンドがいろいろと変わっ…

  3. CentOS 7

    【CentOS 7】GUIデスクトップからログアウトする方法

    CentOS 7 のGUIデスクトップでユーザーをログアウトさせる方法…

  4. CentOS 7

    【CentOS 7】インストール時の解像度を指定する方法

    CentOS 7のインストール時に、画面の解像度を指定する方法を解説し…

  5. CentOS 7

    【CentOS 7】ホスト名を変更する方法

    CentOS 7からホスト名の変更方法までも変わってコンチクショウめっ…

  6. CentOS 7

    【CentOS 7】古いバージョンのnode.jsを超簡単にインストールする方法

    yumでnode.jsをインストールするとその時のEPELリポジトリの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. RHELでphp mbstringをyumインストールする方…
  2. Red Hat Subscription Managerでプ…
  3. Oracleで統計情報を別のユーザー(スキーマ)に移行する方…
  4. 【CentOS 7】HISTIGNOREで指定してもhist…
  5. ColdFusion 2016をCentOS 7にインストー…
PAGE TOP