Oracle

  1. [Oracle] sysでユーザーを指定してexpdpをする方法

    sysdba権限のsysユーザー(sysdba)でユーザー(スキーマ)を指定したexpdpをする際のコマンドメモ。sysだけをユーザーに指定するんじゃなくて、…

  2. 【Oracle】DataPumpの対話式コマンドモードを抜ける方法

    Oracle DataPump(impdp, expdp)では、 attach オプションを記載することで対話モードによりジョブの状態確認や終了 (kill_j…

  3. Impdp時にtablesを使うとファンクションやストアドは作成されない

    OracleのDataPumpコマンド『impdp』の利用時に tables オプションを利用してテーブル指定によるインポート処理を行った場合は、ファンクション…

  4. 【Oracle】セッションがKILLEDのまま残り続けてしまう時の対処方法

    Oracleで特定のセッションを強制終了しようと ALTER SYSTEM KILL SESSION 'xx,xxxxx' IMMEDIATE を実行したのに、…

  5. expdpが「すでに使用されているオブジェクト名です」と失敗する時の対処方法

    expdp実行時に、下記のエラーで処理が失敗してしまう時の対処方法のメモ。 ORA-31626: ジョブが存在しません ORA-31633: マスタ…

  6. Oracleで統計情報を別のユーザー(スキーマ)に移行する方法

    Oracleでは統計情報のバックアップやインポートが可能ですが、別のユーザー(スキーマ)のDBに入れるとなると正攻法では不可となっていました。例えば本番ではユー…

  7. 【Oracleメモ】テーブルやインデックスの統計情報の収集状況を確認するSQL

    Oracle11g、Oracl12cなどで利用可能。テーブルやインデックスそれぞれにおける統計情報の収集状況(いつ更新されたか等)をSQLで確認することがで…

  8. DBD-Oracleのインストール時にdemo_rdbms.mkが無い場合。Clientは必要なのか…

    PerlモジュールのDBD-Oracleをソースからインストールする際に「Unable to locate an oracle.mk, proc.mk or o…

  9. 【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックアップファイルからリカバリする方法です。バックアップには旧来のexpコマンドを利用します。(…

  10. 【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプト

    Oracleの統計情報を手動で(といってもCronの自動実行で)更新するためのシェルスクリプトを作成してみたのでメモ的に残しておきたいと思います。 Cronでの…

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP