Oracle

  1. 【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法

    Oracleの統計情報をユーザー単位でバックアップする方法と、バックアップファイルからリカバリする方法です。バックアップには旧来のexpコマンドを利用します。(…

  2. 【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプト

    Oracleの統計情報を手動で(といってもCronの自動実行で)更新するためのシェルスクリプトを作成してみたのでメモ的に残しておきたいと思います。 Cronでの…

  3. 【Oracle】一般ユーザーにシステムビューへのアクセス権を付与する方法

    Oracle Databaseで、作成した一般ユーザーからシステムビュー(V$BUFFER_POOL_STATISTICS 等)にアクセスしてデータを取得するに…

  4. Oracle:impdpでexcludeを使ってテーブルを除外する

    Oracle DBの impdp コマンドで、excludeオプションを利用して特定のテーブルをインポート対象から除外することができます。この時、指定の…

  5. 【Oracle】表領域を新規で作成してユーザーも作成する手順

    Oracle Databaseで、新規で表領域を作成しその表領域をデフォルト表領域として指定したユーザーを作成する手順のメモです。よくある手順なので忘れないよう…

  6. OracleでDBの文字コードを確認する方法

    Oracleデータベースで、データベースの文字コードを確認する方法のメモです。NLS_CHARACTERSETで確認するパラメータの NLS_CHA…

  7. Oracleサーバのメモリを増設した後にすることメモ。自動メモリー管理のサイズ変更など

    Oracle (Oracle 11g)が稼働しているサーバ(今回は仮想環境)のメモリを 4GB から 16GB に増設したので、その後にしなければいけない事、し…

  8. Oracle VM VirtualBoxのプレビュー画面からの抜け方。アクティブからの離脱

    Oracle VM VirtualBoxで、ゲストOSのプレビュー画面から抜けられなくなって『詰んだ…』状態となってしまいました。ようはキーボードも…

  9. 【Oracle】テーブル指定で統計情報をバックアップ、インポートする方法とポイント

    Oracle Databaseで、テーブルを指定して統計情報をバックアップし、またバックアップからインポートする際のメモです。通常は統計情報の更新を停止…

  10. Expdpでtablesを指定したらシーケンスはバックアップされない

    Oracle Data Pump の expdp で tables を指定すれば特定のテーブルのみバックアップすることが可能ですが、このオプションを利用するとシ…

最近の記事

  1. 【Oracle】統計情報のバックアップとリカバリの方法
  2. 【Oracle】統計情報をCronで手動更新する為のスクリプ…
  3. 【PostgreSQL】文字コードを指定したcreatedb…
  4. 【Mackerel】ホスト毎のメトリック数の確認方法
  5. 【CentOS 7】nkfをyumでインストールする方法
PAGE TOP