BIG-IP

  (最終更新日:2016.02.26)

BIG-IP:Priority Groupは3グループ以上の設定も可能

BIG-IPで、負荷やメンテナンスなどのPoolメンバー先の状況に応じて段階的に接続先を自動で切り替える機能として《Priority Group》というのがあります。

例えば《Priority Group Activation》を《Less than… 1 Available Member(s)》とすれば、そのプライオリティ・グループにおいてアクティブ(Available)なサーバが指定した数未満(Less than 1 の場合は1より少ない、すなわち0)になった場合に、より低いPriority Group値のグループへと自動的に接続先が切り替わります。

big-ip-priority-group-3groups-1

3つ以上のグループも作成できる

そしてこの Priority Group の指定は、3つ以上のグループを指定して動作させることも可能です。

下図の場合は、「Priority Group 3」のノードが全て Offline の場合は「Priority Group 2」へ。そして「Priority Group 2」のノードが全て Offline の場合は「Priority Group 1」にアクセスするようになります。

big-ip-priority-group-3groups-2

これを利用すれば過負荷時などにSorryページを表示させるような対応もできるので便利ですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. ColdFusion 2018にUpdate 8を適用したら…
  2. 【vsftpdを守る】CentOS 7にfail2banをイ…
  3. nologinを指定したユーザーでFTP接続するとパスワード…
  4. CentOS 7にTomcatをインストールして起動したらエ…
  5. NetApp / cDot : AutoSupport Ma…
PAGE TOP