Apache

  (最終更新日:2017.01.20)

Apache 2.4をソースからインストールする

Apache 2.4系をソースでインストールする方法です。

2.4系では2.2系に比べて、APRやPCREなどの必要なパッケージが増えているのでそこらへんを注意しつつインストールを行います。

既存のRPM版Apacheを削除

競合してしまって邪魔なので、RPM版のApacheを関連するパッケージと合わせて削除しておきます。

$ rpm -e \
 httpd-2.2.15-39.el6.x86_64 \
 httpd-tools-2.2.15-39.el6.x86_64 \
 gnome-user-share-2.28.2-3.el6.x86_64

必須パッケージの準備

事前に関連するパッケージのソースはダウンロードしておくのを忘れないように。。。

PCREはyumが利用できるので yum install でインストールします。

$ yum install pcre-devel

続いて APR を展開してApacheのソースディレクトリ内にある srclib ディレクトリに移動させておきます。こうすることでApacheのインストール時に合わせて自動的にインストールしてくれるので楽です。

$ cd /usr/local/src/
$ tar -xzf httpd-2.4.12.tar.gz
$ tar -xzf apr-1.5.2.tar.gz
$ tar -xzf apr-util-1.5.4.tar.gz
$ mv apr-1.5.2 httpd-2.4.12/srclib/apr
$ mv apr-util-1.5.4 httpd-2.4.12/srclib/apr-util

インストール

configureのオプションは必要に応じて追加または削除しますが、とりあえず今回は下記のような感じでいきます。

$ cd httpd-2.4.12
$ ./configure \
 --enable-mods-shared=all \
 --enable-rewrite=shared \
 --enable-deflate \
 --enable-proxy \
 --enable-proxy-ajp \
 --enable-proxy-balancer
$ make
$ make install

ここまででひとまずインストールは完了です。
続いて初期設定と自動起動の設定へ。

初期設定と起動確認

必要最低限の初期設定として下記を実行します。これをしないとエラーで起動しない。。。

$ cp /usr/local/apache2/conf/httpd.conf /usr/local/apache2/conf/httpd.conf.org
$ vim /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

下記のコメントアウトを解除します。

LoadModule slotmem_shm_module modules/mod_slotmem_shm.so

Apacheを起動して動作を確認する。

$ /usr/local/apache2/bin/apachectl start
  ブラウザでアクセスして「It works!」の画面が表示されればOK
$ /usr/local/apache2/bin/apachectl stop

自動起動の設定と確認

起動スクリプトをソースオブジェクトの中からコピーして編集します。

$ cp /usr/local/src/httpd-2.4.12/build/rpm/httpd.init /etc/rc.d/init.d/httpd2
$ vim /etc/rc.d/init.d/httpd2

下記の内容で修正します。

  httpd=${HTTPD-/usr/sbin/httpd}
  ↓
  httpd=${HTTPD-/usr/local/apache2/bin/httpd}
  
  CONFFILE=/etc/httpd/conf/httpd.conf
  ↓
  CONFFILE=/usr/local/apache2/conf/httpd.conf

起動確認と、自動起動一覧への追加です。

$ /etc/rc.d/init.d/httpd2 start
  ブラウザでアクセスして「It works!」の画面が表示されればOK
$ chkconfig --add httpd2
$ chkconfig --list httpd2
$ chkconfig httpd2 on
$ chkconfig --list httpd2
$ reboot
  ブラウザでアクセスして「It works!」の画面が表示されればOK



一通りこれでインストールが完了です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Apache

    RewriteCondが効かない?特定のディレクトリを除外する方法でつまずいたお話

    CakePHPをトップディレクトリから利用しています。http:/…

  2. Apache

    【解決済】原因は単純ミス‥。Apache+OpenSSLで構築したけどHTTPSに接続できない時

    いや。もうあまりの単純ミスぶりに自分をぶん殴りたいところですが。。。…

  3. Apache

    Apacheでreloadとgracefulを試した動きのメモ

    Apacheにおける reload コマンドと graceful コマ…

  4. Apache

    Apacheの実行ユーザー(起動ユーザー)を変更する方法

    Apacheを起動しているユーザーを変更するには httpd.conf…

  5. Apache

    【凡ミス】Apache2.2系でAliasを指定したら403エラーが出た原因

    Apache2.2.23を使用。下記のようにAlias設定を入…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Apache】OpenSSL headers not fo…
  2. 【CentOS 7】yum updateがくっそ遅いときに試…
  3. Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネー…
  4. CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自…
  5. Warning: tomcat.service change…
PAGE TOP