Apache

  (最終更新日:2015.04.3)

【解決済】原因は単純ミス‥。Apache+OpenSSLで構築したけどHTTPSに接続できない時

いや。もうあまりの単純ミスぶりに自分をぶん殴りたいところですが。。。
同じような凡ミスをされている方もきっと多いだろうとメモを残しておきます。

下記の要件でWebサーバを構築したのですが、どうやってもブラウザでHTTPSに繋がらない‥。

CentOS 6.6
Apache 2.2.29 (ソースインストール)
OpenSSL (yumインストール)

netstat で確認しても Listen していない‥。

# netstat -an | grep 443

configure のオプションも問題無さそう。

./configure
  --enable-modules=so
  --enable-rewrite=shared
  --enable-deflate
  --enable-proxy
  --enable-proxy-ajp
  --enable-proxy-balancer
  --enable-ssl
  --with-ssl=/usr

いったいどういうことだよと四苦八苦していたところ、解決しました。原因は SSLの設定ファイルを読み込んでいなかった という単純ミスです。

つまるところ、SSLを利用するには extra ディレクトリにある httpd-ssl.conf ファイルを httpd.conf で読み込んでおく必要があります。そりゃそうだ。

というわけで httpd.conf を開き、下記箇所のコメントアウトを解除します。

# Secure (SSL/TLS) connections
# Include conf/extra/httpd-ssl.conf

後は証明書ファイルを作成するのを忘れずに。これも無いと起動しません。
取り急ぎの自己証明書の作成方法は下記をご参考ください。

オレオレ証明書(自己証明書)を大急ぎで作る方法


最後にApacheを再起動すれば接続できるようになります。

# /etc/rc.d/init.d/httpd2 restart
httpd2 を停止中:                                           [  OK  ]
httpd2 を起動中:                                           [  OK  ]
# netstat -an | grep 443
tcp        0      0 :::443                      :::*                        LISTEN

以上で完了です
はぁ…。よかったよかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. Apache

    Apacheでreloadとgracefulを試した動きのメモ

    Apacheにおける reload コマンドと graceful コマ…

  2. Apache

    Apache 2.4をソースからインストールする

    Apache 2.4系をソースでインストールする方法です。2.…

  3. Apache

    mod_rewriteでログ出力をして500エラーを調査する方法

    .htaccessでのmod_rewriteが原因で、Internal…

  4. Apache

    オレオレ証明書(自己証明書)を大急ぎで作る方法

    取り急ぎ1年間(365日)有効なオレオレ証明書を大急ぎ(最短作業)で作…

  5. Apache

    【Apache】OpenSSL headers not foundでconfigureが失敗する時

    Apacheをソースからインストールする際に --enable-ssl…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 【Apache】OpenSSL headers not fo…
  2. 【CentOS 7】yum updateがくっそ遅いときに試…
  3. Linux版のTomcat 9でWebアプリケーションマネー…
  4. CentOS 7でTomcat 9の起動スクリプトの作成と自…
  5. Warning: tomcat.service change…
PAGE TOP